Category: 自作ソフト

前に、Windows 10 Enterprise Technical PreviewをVMware Playerにインストールしたことはあったけど、今度は7/29正式版のWindows10をメインPCにインストールしてみた。
まだインストールトラブルもちらほら聞く中、自作ソフトの動作確認をしなければならないので人柱覚悟でインストール。
 

Windows10
 

と言っても、環境ぶっ壊れるといろいろ面倒なことになるので、手動で可能な限りファイルバックアップ。
に加え、以下のサイトを参考に、PCを丸ごとバックアップ。
Windows 10を入れる直前の状態で復元できるイメージバックアップのつくりかた
USBメモリに「回復ドライブ」を作成し、
外付けHDDに「システム イメージ」をごっそりバックアップ。

やらなくてもいいけど、念のため。。

 

そしてWindows10のインストール作業へ。

Windows10への無償アップグレードの予約をし、タスクトレイにWindowsアイコンが表示されている状態。
Windows10への無償アップグレードの予約

 
(さらに…)

ListViewコントロールで、詳細表示(ViewプロパティをDetails)し、アイテムを追加していくと描画処理が異常に重くなる現象が発生。
この問題を解決するのに少しハマったので覚書としてメモっておく。

自作ソフトRSS速報のListView表示で、数十件の項目を表示するのに数分かかることもある。

ListView
描画時にGUIがほぼ固まってしまう。

遅い処理部分をデバッグで調べてみると、

ListViewItem lItm = listView1.Items.Add(FormMain.saveItems[i, j, 0]);

の行で、数秒が掛かっている。
しかも、件数が増えれば増えるほど遅くなっていく。
(さらに…)

ごくたまに画像ロゴを作成するためにGIMPを使用する。
割と簡単にカッコいいロゴを作れるため重宝している。

GIMPでロゴ作成

 

だけど、そこそこ種類があって、どのメニューがどういうロゴだか忘れてしまう。
なので備忘録的にGIMP2.8のサンプル ロゴ画像を載せておくことに。

 

と、その前にロゴ作成方法。

GIMPでロゴ作成

  1. GIMPを起動
  2. [ファイル]→[画像の生成]→[ロゴ]メニュー配下の任意のサブメユーを選択。

(さらに…)

C#やVB.NETなどのアプリケーションで、WebサイトやHTMLなどを表示したい場合に使うWebBrowserコントロール。
このWebBrowserコントロールを使えば、簡単にInternet Explorer同等のWebページを表示できる。

でも、最近このWebBrowserコントロールで表示崩れが増えてきたような気がする。

例えば、ここのホームページを表示すると、メニューのスタイルが崩れてしまう。

 

↓WebBrowserコントロールで表示
WebBrowserコントロールで表示

 

(さらに…)

楽天ウェブサービスの旧楽天市場系API「api.rakuten.co.jp」が2014年内に段階的に廃止されるようで、早く新バージョンのAPI「app.rakuten.co.jp」に移行するようにとのこと。

楽天API
http://rakuten-webservice.tumblr.com/post/77794559630/api-rakuten-co-jp-api

ヤバい。しばらくAPIのバージョンチェックしていなかった。
確認せねば。

 

そもそも、楽天市場系APIとは何か。
楽天では40種類近くのAPIを公開しているようだけど、主に楽天市場の商品検索に使われるAPI群で、楽天APIの中で多分一番使われてそうなAPI。

で、その楽天市場系APIの中には以下のAPIがある。
・楽天市場商品検索API
・楽天市場ジャンル検索API
・楽天市場タグ検索API
・楽天市場ランキングAPI
・楽天商品コード検索API
・楽天プロダクト製品検索API

(さらに…)

自作ソフト・KMeterのWindows8対応に続き、アフィリサーチもWindows8対応が完了した。
修正前でも殆どWindows8で問題なく動作することは確認していたが、画面サイズを125%などにすると表示崩れする問題があった。

画面サイズが125%の場合、こんな感じで崩れてしまう。
125%表示
左ペインや、HTMLソースの表示などが欠けてしまう。

(さらに…)

自作ソフトKMeterをWindows8対応してみた。

と言っても、Windows8用に修正したものはなく、通常のバージョンアップ程度の修正。
KMeter 2.00では、Windows7のマルチタッチ操作に対応していたけど、この挙動が怪しいため修正を試みてみたが、どうもうまく直せない。

Windows8でマルチタッチ環境が増えてきたため、マルチタッチ対応したいところだけど、現状のスキルでは解決できないためマルチタッチ機能を廃止することにした。

そもそも、マルチタッチ操作は、フォームというか、WPFのウインドウ(外枠)自体に対しイベントを受け取れないようで、これら操作はウインドウ内の図形やコントロールに対して行わなければならない。

だから、KMeter2.00では、苦肉の策としてウインドウをスクリーンサイズに最大化し、透明なウインドウで見えなくしておき、その中にメーター(コントロール)を表示しタッチ操作を実装していた。

ここまでなら正常に動くんだけど、これに、マウス操作が加わると矛盾が生じる。

そもそも、Windowsデスクトップアプリは、あまりタッチ操作に向いていないし、タッチは今後Windowsストアアプリ(旧MetroUI)がメインだから無理して対応しなくてもいいと思えてきた。

そんな訳で、まともに動作しないマルチタッチ操作を廃止した。
サンプル
KMeter2.00では痛々しいマルチタッチが実装されているが、以下のような方法(かなり割愛したサンプル)で実装していた。

(さらに…)

PC遠隔操作事件の真犯人が「ミスしました」とメール送付してきたらしい。

信憑性はどうかわからないけど、iPhoneで撮影した写真に付いているEXIF情報から撮影位置がバレた?
でも、これってフェイクなんじゃないの?
これほどの事件を犯した人物が、こんな初歩的な痕跡を残す筈がない。きっと。
追い詰められ、かく乱しようとしたのか、遊んでいるのか、本当に凡ミスなのか?

最近のスマホや、GPS機能付きデジカメで撮った写真は設定次第で位置情報が付加されているので、みなさんネットで利用するときは注意しましょう。
私が作成したフリーソフト「画像位置情報取得ツール」でも位置情報の有無を確認できます。
気になる方はお試しを。

位置情報は、使い方を間違えなければ便利で良い機能だと思います。
いつ、どこで撮った写真なのか?
このラーメン、どこの店だっけ?
旅のログとして利用したり、想い出の拡張情報として。
とか、いろいろ。

自分の場合、今年から挑戦した東海道ウォーキングも位置情報付きで撮影しています。
画像位置情報取得ツール
画像位置情報取得ツール」で撮影場所を確認。
日本橋~平塚までの写真。

危険性を良く理解した上で、安全な範囲で有効に活用すればよいと思います。
そんな訳で、自分は、今年GPS機能搭載のデジカメを購入しました。
あと、先日購入したVAIO Duo 11も、カスタマイズで、フロント/リヤカメラと、GPS機能を付けました。
そのうち、GPS機能を利用したWindowsストアアプリケーションなんかも作ってみたい。
自分のスキルで出来そうないいネタがまだ無いけど。。

Windows Vistaのサイドバーガジェット、Windows 7のデスクトップガジェットが、Windows 8から廃止された。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/downloads/personalize/gadgets

Windows の最新バージョンのわくわくするような可能性に重点を置くため、Windows Web サイトでは、ガジェット ギャラリーのホストを終了しました。

えー、何その理由?
しかも、今更、

信頼されていないソースからインストールされたガジェットは、コンピューターに問題を引き起こすことがあります。

と言われても。

でも、まぁ、ガジェットを利用するシーンってあんまりなくなってきているし、Microsoft的には、ガジェットよりも、新しいWindows8スタイルのアプリ(MetroUI)を流行らせたいんだろうなぁ。
これも新技術にシフトしていこうという試みで仕方ないことか。。

と、言うことで、自作したデスクトップガジェット「節電メーター」と「東京電力使用状況」も、これを機にエンハンスを凍結することにしました。

このガジェットは、丁度、原発事故後の計画停電や節電を強いられた時期に急遽作った物で、危機的な電力不足時期は何とか凌げたし、一定の役目は果たせたのかなと勝手に思っています。

節電メーター東京電力使用状況
ちなみに、Windows8のエクスプローラで見てみると、「*.gadget」拡張子のファイルは何のアプリケーション(sidebar.exe)とも関連付けされていないため、ガジェットを実行することはできない。
エクスプローラ
なんか、頑張ればWindows8でも動かすことができるらしいけど。
でも、6月に試したWindows 8 Release Preview版では、ガジェットも動いていたんだけどなぁ。
まぁ、いいや。

自分も、今後はガジェット作成ではなく、Windows 8スタイル(MetroUI)のアプリ作成に挑戦していきたいと思っている。
でも、その前に、現状公開しているデスクトップアプリをWindows8対応しなければ。

自作ソフトの「勤務時間取得ツール」が、ベクターの「よく読まれた記事トップ10」で5位にランクインしました。
■よく読まれた記事トップ10 – 2012年9月(総合)
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/frequently/
よく読まれた記事トップ10

Vectorのレビュー記事掲載には、以下の自作ソフトも掲載させて頂いていますが、月間トップ10に入ったのは今回が初めて。

(さらに…)

自作のRSSリーダー「RSS速報」から音声合成で読み上げソフト「棒読みちゃん」を呼び出す機能を追加してみた。

icon

先日、RSS速報を利用して頂いているユーザーさんから、「棒読みちゃん」に「RSS速報」で流れてきたフィードを読ませられたらいいなー。という要望を頂いた。
まず、「棒読みちゃん」を知らなかったので、ダウンロードして使ってみた。
これは凄い。

フリーソフトで音声読み上げするソフトがあるなんて知らなかったし、ちゃんと音声合成読み上げしてくれる。
これは、確かにRSS速報と連携できれば面白いかも。
で、どうやったら連携できるんだろうということを調べていたら、コマンドラインから棒読みちゃんへ指示を出すためのツール(ReadmeにRemoteTalk.exe)の説明があり、簡単に呼び出しできそうだったんで、この機能を使って連携してみることにしてみた。

このRemoteTalk.exeを使えば、コマンドラインから簡単に棒読みちゃんにメッセージを渡すことができる。
例えば、「RemoteTalk /Talk メッセージ」みたいな感じでコマンドを打てば簡単に音声読み上げしてくれる。
あとは、RSS速報側からRemoteTalk.exe呼び出しすればOK。

で、どうせなら他のアプリケーションも呼び出せるように、exeファイル、引数を自由に決められるUIを作成してみた。
(今のところ棒読みちゃん以外に用途なし)
setting_view

(さらに…)

先日構築したWindows7 beta1環境で自作ソフトの疎通確認をしてみた。


↑自作ソフトを片っ端からインストールし疎通確認

Windows 7自体がVistaと大きな違いが無いため、XPからVistaに移り変わったの時のような非互換は無かった。
しかし、タイムスタンプ変更ツールのインストーラと、勤務時間取得ツールのイベントログ取得に問題があった。

まだWindows 7自体がベータ版なので、どう転がるか分からないけど、
とりあえず製品版のWindows7が出た時にでも再確認してみる予定。

この前インストールしたWindows Vista Beta2環境で自作ソフトの動作確認をしてみた。

どうせ、VistaなんてXPに毛が生えたぐらいなんだろう。
非互換なんて考えず今まで通り自作ソフトも動くと勝手に思い込んでいた。

しかし、手始めにVMeter2を動かしてみたら、まともに動かない

ちょっと試しただけだけど動かなかった機能は以下。
・CPU使用率が取得できない。
・ディスクアクセス使用率が取得できない。
・使用可能なネットワークアダプタ一覧が取得できない。

これらは、Windows標準(NT系)で付いているパフォーマンスモニタ関連のAPI(※)で値を取得している。
※PdhOpenQuery、PdhAddCounter、PdhCollectQueryData、PdhGetFormattedCounterValue、PdhCloseQueryなど。
PDH系のAPIがVistaで使えなくなっている?
と、思いきやメモリ使用率などは取得できている。
何故だ?
原因はまだ判明していませんorz
Vista上でデバッグできればいいんだけど。
# 無償のVS2005 Expressあたりを入れればできると思うけど。

でもVistaが出るまで(2007/1末?)には何とかせねば。。
というか、Beta2のバグor未実装だというオチも期待。
あと、もうひとつ予想外なことが。
どこかの記事でHTMLヘルプはVista標準では表示できないと書いてあったような気がしたけど、問題なく表示できた。
単なる勘違いだったのか。

昨日公開したばかりの「勤務時間取得ツール」が窓の杜に掲載されました。
ちょっと嬉しい不意打ちです。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/01/30/okiniiri.html