Category: F1

デアゴスティーニからF1マシンコレクションが出たので早速購入してみた。
F1マシンコレクション・マクラーレンホンダMP4/4

前にも、
週刊マクラーレンホンダMP4/4
を全70号、頑張って作ってみたけど、今回は1号で1マシン、しかも組み立てる必要は無く、大きさも1/43スケールと小さく手軽に楽しめそう。

 

(さらに…)

東京モーターショーに行って、カメラ小僧してきました。(スマホで撮影だけど)

年々、エコカーとか増え面白味があまり無くなってきているような気もする。

そんななか、今回は日産が一番頑張っていたと思う。
特に自動運転技術が現実味を帯びてきて、改めて凄い技術と再認識させられた。
GoogleとかAppleも参戦するらししので、日本メーカーには頑張ってほしい。

あと、個人的にはやっぱホンダが良かったかな。

(さらに…)

必死こいて組み立てた1/8スケールのデアゴスティーニ週刊マクラーレンホンダMP4/4

なんか、やっぱMarlboroのロゴが無いとしっくりこない。
[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4

 
(さらに…)

先日完成したデアゴスティーニのマクラーレンホンダに、アイルトン・セナを乗せてみた。
[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4にA.セナを乗せてみた

(さらに…)

前回に続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第70号「モデルの完成」に挑戦。

 

そう、全70号なのでこれで最後の組み立て作業となる。
週刊で70号(70週)なので、順調にいけば1年4カ月で終わる筈なんだけど、結局、1年9カ月もかかってしまった。

 

[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4 (70号)
 
(さらに…)

アイルトン・セナ オリジナルフィギュア
DeAGOSTINIの週刊マクラーレンホンダMP4/4の購読で、漏れなくアイルトン・セナ オリジナルフィギュア(1/8スケール)が貰えるということで、実際に応募券を集め応募してみた。
(さらに…)

待ってました!
ホンダが2008年以来、7年ぶり4度目のF1復帰。2015年から参戦。
ホンダ・ニュースリリース [FIA フォーミュラ・ワン世界選手権 参戦について]
http://www.honda.co.jp/news/2013/c130516.html
honda
しかも、マクラーレンホンダとして復活だ。

(さらに…)

2010年F1最終戦 アブダビGP。
ベッテルがF1史上最年少ワールドチャンピオン(23歳)を獲得した。
最終戦開始前までポイントリーダーのアロンソが圧倒的に有利だったんで
大分あきらめていたけど。。
ワールドチャンピオン経験者が4人(シューマッハ、アロンソ、バトン、ハミルトン)
もいる激戦の中、よく勝ち抜いたと思う。
今年はレッドブルマシンのトラブルや、チームメイトであるウェバーとの確執
があったり、色々あったけど無事優勝できてよかった。よかった。

(さらに…)

前回のF1ハンガリーGPで、前車(バリチェロ)の破片を頭部にくらい負傷したマッサに代わり
M.シューマッハがF1復帰。
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2009/07/29/216978/
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/090729234622.shtml
今活躍しているハミルトンやベッテルは、シューマッハと直接対決したことのないドライバー。
次回8/23のヨーロッパGPのドリーム対決が楽しみ。
# でもシューマッハは初老の40歳。期待し過ぎないように。。

中国GP

中国GPでS.ベッテル2勝目。
やってくれました。
去年、弱小チームと言われてもおかしくないトロロッソでの初勝利に続き、
今回もチーム初勝利となるレッドブルでの2勝目。
しかも雨でマシン差が付きにくくドライバーの力量が試されるレースでの勝利。
レッドブル自体も進化しているようなので今年はベッテルに注目か。
http://f1.gpupdate.net/ja/news/2009/04/19/210585/

2008年F1最終戦ブラジルGP(11/2)
めちゃくちゃ面白かった。
特に後半。

ハミルトンvsマッサの1ポイント差での争いがまるでマンガやドラマのように嘘っぽい展開で争っている。
本物のレースでこういうハラハラとする争いなんか滅多に見れない。
今回は本当に手に汗握るGPだった。

応援しているS.ベッテルとハミルトンが争ってしまって一時どうなるかと思ったけど、結果的にお互いいい結果に終わって言うことなし。
まだ見ていない人は是非、年末の特番や、総集編を見てちょうだい。
消されそうな気もするけど、一応、YouTube映像はこちら。
ラスト1周しか映っていないけど、本当に面白いのはラスト5周あたりから。
(さらに…)

F1 日本GP

今年もF1観に行ってきました。

予選午前中は雨だったけど午後は晴れたし、20億円かけてさらに改修されただけあって、今年は大きな問題もなく満足できるGPだった。
鈴鹿に行ったことが無いんで比較できないけど、まだまだ改善する余地はあると思うけど、去年よりは大分良かった。

土曜(予選)午前中の御殿場。
この時は異常に空いていた。
(さらに…)

セバスチャン・ベッテルがF1史上最年少ポールを獲得した(21歳)。
19歳の時、F1のフリー走行でトップタイム出したことがあったけど、今度は、正真正銘のトップタイム。

やっぱこいつは凄いや。
非力なトロ・ロッソのマシンでポールポジション獲得とは大したもの。

[F1-Live:ベッテル、史上最年少ポールに輝く!]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080913151546.shtml

<9/15追記>
さすがに決勝では勝てないかなと思ったらやってくれました。
[ベッテルが歴史的勝利! 史上最年少優勝を達成]
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/080914155110.shtml

ミハイル・シューマッハが引退を正式発表した。
まだまだ走れるのにもったいないなぁ。
今年もワールドチャンピオン獲れそうだし。
セナと同じ時代を走ったドライバーが消える。
残念。
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/060910160340.shtml

前回のF1第14戦トルコGPのフリー走行からサードドライバーとしてデビューしたドイツ人ドライバー「セバスチャン・ベッテル」。
こいつは凄いかも知れない。
前回参戦したばかりでいきなりフリー走行トップタイム。
今回の第15戦イタリアGPフリー走行でも1回目、2回目共にトップタイム。
まだ、そんなに乗りなれていないはずのF1マシンでいきなりのトップタイムは凄い。
確かに、テストドライバーの経験があったり、フリー走行でライバル達はマシン温存
していたかも知れないが、トップタイムとは立派。
しかも、まだ19歳だと。
今後、目を離せない。
http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=129223

今回のF1ハンガリーGPは、久々に面白いGPだった。
まず、チャンピオン争いをしているミハイルと、アロンソが予選時ペナルティーで
11番手、15番手スタート。
バトンもエンジン交換でポジションを10個下げて14番グリッドからスタート。
決勝では久々の雨で、タイヤの性能差や、接触によるフロントウィング破損などに
よりシューマッハがアロンソに周回遅れにされたり。。
ライコネンも横向きで吹っ飛ぶわ、今年初めてアロンソがリタイヤするわで大波乱。
後半は路面も乾いてきて、シューマッハも復活し2位まで浮上。
しかし、残り3周でリタイヤ。
チャンピオン争いしている2人が消えた。
そんなドタバタで気付いてみればホンダは第三期F1初優勝!
アロンソ、シューマッハが消えたからではなく、実力でちゃんと前を走っていた。
偉いぞバトン!
ホンダF1、通算301戦目。
ホンダ万歳!

SUPER AGURI Formula 1がF1正式参戦が決定したらしい。
F1-LIVE.com
F1Racing.jp
今年は日本でもTV視聴率が上がりそう。
今年の見どころ(独断)。

  • HONDA
    今年からシャーシ、エンジンも自社製。
    ALL HONDAとしての参戦は38年振り。

  • SUPER AGURI
    監督は鈴木亜久利。ファーストドライバーは佐藤琢磨。タイヤはブリヂストン。更にセカンドドライバーも日本人という噂も。殆ど和製チーム。

  • TOYOTA
    F1参戦5年目。今年は仕上がりが結構いいらしいので期待大!?

久々にF1ネタ。
今年のF1でバトンの本当の速さがわかるかも知れない。
今年からBARホンダ(今年からALLホンダだった)のチームメイトは
琢磨ではなく、バリチェロに変わった。
まずは、バリチェロとどっちが速いのか?
これが気になるところ。
バリチェロはミハイルにほぼ完敗だったが、相手が悪すぎ。
そんなに遅いとは思えない。
このバリチェロとの勝負はどうなのか気になる。
まぁ、バトンの方が速いと思うが、バトンも琢磨と比較だったので
イマイチ本当の速さが分からない。
今のところ、テスト走行では勝ったり負けたりでほぼ同格っぽい。
http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=107755
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/060120195855.shtml
テスト走行なんで全開アタックはしてないと思うが。。
開幕戦(2006/03/12)が楽しみ。

来年からF1参戦予定の鈴木亜久里チームの「SUPER AGURI Formula 1」。
2006年のエントリーリストに載っていなかったとのこと。
F1-Live.comの記事
申請不備って書かれているけど、本当に参戦できなかったら残念だなぁ。

HONDA新チーム

今日、ホンダから新チームについての何かしらの発表があるらしいです。
鈴木亜久利(スーパーアグリ?)や、ソフトバンクが関与しているらしいけど、
肝心な佐藤琢磨はどうなるんだろう。