Fit3に乗ってみた

新型Fit納車しました。
Fit3

9/5に発売されたFit3で、ハイブリッドモデルで燃費はアクア超えの36.4km/L(JC08モード)を達成しているけど、このベースモデルは燃料タンクが小さかったり、電動格納式リモコンカラードドアミラーなどその他諸々の装備が無いので、Lパッケージ(33.6km/L)を購入。

なのでライバルのアクア(35.4km/L)の方が燃費が良い。

が、アクアの方もベースモデルはリアのパワーウインドウが付いていないなど、実用に耐え難いモデル。

Fitもアクアも似たような燃費・価格帯なので、後は好みの問題か。
もうすぐアクアのマイナーチェンジもあるみたいだし、アクアも負けていない。

<追記>
12/2発売のアクアで37km/Lになり、これに対しホンダも「反撃の仕方は考えている。それは追々公表する」と
言っているようで。

一時期のランエボvsインプレッサ(三菱vsスバル)みたいな争いになってきている。
速さではなくエコ対決だけど今後も競い合っていいクルマを出していって欲しい。

そして世界でも評価され認められる日本車を出していって欲しい。

 

Fit3
15インチのスチールホイールは、空力性能を考慮したキャップが付いている。
ハイブリッドモデル専用(ベースモデルと、F、Lパッケージ)。

ハイブリッドの一番上位グレードのSパッケージにすると、16インチにインチアップしたアルミホイールが付く。
しかもSパッケージはフォグライト、RSと同じシート、エアロ(テールゲートスポイラー、サイドシルガーニッシュ、リアバンパー)や、パドルシフト、その他豪華装備が付く。
それでいてLパッケージとの価格差は10万円だけ。
メチャクチャお得感があるけど、燃費が2.2km/L落ちてしまうのでLパッケージを選んだ。

 

Fit3を数日乗ってみた感想。

思っていたより、早い段階でエンジンが始動する。
アクアとかプリウスの場合、割と街中でもモーターだけで走れることはあるけど、Fitの場合はそこまでモーターは頑張らず割と低速でもエンジンがかかり始める。

でもFit3の方も、ある程度スピードが乗りパワーが足りている状況になればEVモード(モーターのみの走行)に切り替わる。
80kmぐらい出ていてもモーターのみで走行することもある。

走行中、モーターとエンジンの切り替え燃費を稼ごうと頑張っているようだけど、時々昔のATみたいにギグシャクするときがある。
無段変速でなくDCTということと、エンジン・モーターの切り替えが難しいんだろうけど、改善の余地はありそう。

それにしても、7速DCTの加速はなかなか気持ちいい。
CVT(無段変速機)のようにゴムが伸びるような感覚がなく、MTのようなダイレクト感がある。

あと、試乗車では試せなかったアクセル全開での加速。
アクセルを踏み込むとエコカーと思えないほどのエンジンのうなり音と加速力。
# 激しく燃費が落ちるが。。

さすがにターボ車程のトルク感は無いが、そこら辺の普通のNA車より全然速い。
前にも書いたけど、
エンジンは最高出力110馬力、最大トルク13.7kgf・m
モーターは最高出力29.5馬力、最大トルク16.3kgf・m

カタログ値だけなら、スポーツモデルのFit RS(132馬力、15.8kgf・m)といい勝負。

 
 
Fit3シフト
あと、シフトの操作が時々迷う。
特にバック。

バックは右上にシフトしなければならない。
今までMT車(バックは右下)を乗っていた自分としては、扱いにくい。
慣れないうちは、駐車場で迷うことも。

Fit3内装
シフト以外の操作とかは、今までのホンダ・ハイブリッド車(フリード)と同じような感じ。
特に迷うところは無かった。

気になる燃費の方は、納車時は5km/Lと表示され驚いたけど、これはエンジンかけっぱなしで点検とかしていたからだと思う。
今は15km/L辺りぐらいまで伸びてきた。
1回毎の燃費は道次第で、15km/Lだったり、30km/Lだったりバラつきがある。
次回給油のタイミングで、実際に平均燃費を計ってみたい。

 
 

<追記>
まだ給油はしていないけど、カウンタをリセットして片道30kmぐらいの道を往復(計62.4km)走ってみた。
Fit3 平均燃費
平均燃費を表示確認してみたら、25.3km/L

カタログ値では、JC08モードで33.6km/L(Lパッケージ)なので、75%ぐらいの達成率。
かなり燃費を意識して走らないと厳しいけど。
 

過去の燃費履歴を見ると、こんな感じ。結構バラツキがある。
Fit3 燃費履歴
No.0は、下りの多い道。(およそ31km走行し、33km/L)
No.1は、上りの多い道。(およそ31km走行し、20km/L)
No.2は、近所のコンビニまで。(およそ0.1km走行し、5km/L)
No.3は、ほぼ平地。(およそ10km走行し、26km/L)

 

やっぱり、上り道や距離の短い区間は燃費が悪く、長距離や下り道は燃費が伸びる傾向。

あと、暖気が必要な寒い日は不利。
エンジンスタートして、エンジンが温まるまでエンジンが回り続ける。
勿論、エアコンで冷暖房するとそれなりに燃費が落ちる。
ここら辺の話は普通のガソリン車でも同じ傾向だと思うけど。

 

燃費のいい走り方のコツを試行錯誤しながら探している最中だけど、バイパス等では[CRUISE]ボタンを押してクルーズコントロールにした方が若干燃費がいいように思える。
Fit3 クルーズコントロール ボタン

このボタンを押すと自動的にスピードを維持してくれる。
便利な反面ちょっと怖い。

このクルーズコントロールの活用場所は高速道路が殆どだろうけど、慣れてくればバイパスでも使えると思う。
ONにすると、できるだけモーターだけで走ろうとしてくれる(ような気がする)。

 
 

<更に追記>
本日、給油の警告ランプが点灯したため、初給油。

約36L給油。
40Lタンクだから、あと4Lぐらい残っていたことになる。

で、給油後に渡航可能距離の表示を見ると1,045kmと表示されている。
渡航可能距離

40リッターで1,045kmだとすると、平均で26km/Lの燃費を出さないといけない計算。
さすがに、1000kmもこの燃費を維持して走るのは無理そうだ。
もうすぐ冬だから、暖房使うし、エンジン冷えてる暖気とか余計にしそうだし燃費落ちそう。

でも給油満タンにしたことだし、カウンタをリセットして実燃費を計ってみようかな。

<更に更に追記>
数回給油してみて、だいたい1度の給油で600~800kmぐらい走る感じ。
街中の渋滞を走る機会が多いけど、EV走行で走ればそれ程燃費も落ちない。
最近、意図的にEVモードに切り替えるコツも少し掴めてきたので、もう少し燃費伸びるかなぁ。

<更に更に更に追記>
別記事で追記。
[Fit3]満タン法で実燃費を計測してみた
[Fit3]続・満タン法で実燃費を計測してみた



Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*