Google chromecastを使ってWindowsのデスクトップ画面をテレビに表示してみる

前回、chromecastを使ったiPhoneの動画再生とかをやってみたけど、
今回は、Windowsデスクトップ画面全体をchromecast経由でテレビに映し込んでみた。

chromecast
 
 


そして、chromecastのWindows用アプリをダウンロード。
https://cast.google.com/chromecast/setup/
chromecastのWindows用アプリをダウンロード
 
 

前回同様、テレビに Chromecast を接続して、この画像が表示されるまでテレビの入力(またはソース)を変更する。
テレビに Chromecast を接続
 
 

ダウンロードしたchromecastinstaller.exeを実行する。
chromecastinstaller.exeを実行
 
 

インストール開始。
インストール開始
 
 

プライバシーと利用規約。
確認し同意する。
プライバシーと利用規約
 
 

Chromecastを探し始め、見つかると次のような画面が表示される。
続いてCast拡張機能をダウンロード。
Cast拡張機能をダウンロード
 
 

あと少しで完了。
[拡張機能を追加]を押下。
あと少しで完了
 
 

Chromeに追加。
Chromeに追加
 
 

Google CastがChromeに追加されました。
この拡張機能を使用するには、このアイコンをクリックします。
[ツール]メニューの[拡張機能]をクリックして拡張機能を管理できます。
拡張機能を管理
 
 

Google Castのアイコンをクリックし、キャスト先を選択。
キャスト先を選択
 
 

すると、Chromeブラウザの画面が共有される。
Chromeブラウザの画面が共有される
 
 

音もTV側から出る。
音もTV側から出る
 
 

でも、ブラウザ画面だけ?
 

調べてみたら、ちゃんとデスクトップ画面全体を共有する方法があった。
 

ChromeのGoogle Castのアイコンをクリックし、表示されたバルーン内の▼ボタンをクリック。
そこで「画面全体をキャスト(テスト)」を選択。
「画面全体をキャスト(テスト)」を選択
 
 

そしてキャスト先を選択。
キャスト先を選択
 
 

Google Cast 画面共有リクエスト
画面と音声出力をGoogle Castと共有しますか?
画面と音声出力をGoogle Castと共有しますか?
 
 

これでデスクトップ画面の共有が完了。
表示には若干タイムラグがあるので、PCでの操作をバリバリ行うような事には向いていない。
けど、写真をみんなで見たり、ちょっとしたプレゼンぐらいなら問題なく使えそう。
デスクトップ画面の共有が完了
 
 

勿論、デスクトップ画面全体でなくブラウザ内(小画面)でキャストした方が転送するデータ量が少ないのでタイムラグが少ない。
動画再生とかはブラウザ上で再生した方がサクサク動くので、利用シーンに合わせて使い分けた方が良さそう。
あと、気になったのが発熱。
ちょっと使っただけでも結構熱くなる。
 
 

画面共有したいだけならHDMIケーブルでTVとPCを直接繋げば良い話かも知れないけど、長いケーブルとか持ち歩かなくていい。
職場とかでも使える環境なら、プロジェクターにもワイヤレスで繋げたり、結構便利かも知れない。

 
 
 
 



Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA