Tagged: Virtual PC


2010年初頭の発売予定の次期Windows(Windows 7)のベータ版が1/9に公開されたので早速ダウンロード&インストールしてみた。
と、言っても新しいPCがある訳でもないし、パーテションを切って裏側にインストールした訳でもなく、Microsoft Virtual PC 2007で仮想PCを作成し、その中でWindows 7をインストールした。
(VMWareのような物だが、Microsoft Virtual PCは無料で使用可能)

(さらに…)

Virtual PC 2004上にWindows Vista を構築すると動作が異常に重い。
CPU使用率は常に100%で、CPUファンはうなりっぱなし。
Vista beta2の頃はインストールに12時間もかかった。

しかし、Vista RC1では2時間程に短縮された。
が、まだまだ動作が重い。

どうやら、Virtual PC 2004側にも問題があったっぽい。
Virtual PC 2004が出た頃はβ版Vistaも出てなかったから、Vistaのインストールは当然未対応ということになるが。
しかし、「VM Additions for Vista Beta 2」ってのを適用すれば、問題が解決されることが分かった。
パッチみたいなモノかな?

その「VM Additions for Vista Beta 2」の入手方法は、http://connect.microsoft.com/ のサイトに行き、「Virtual Server 2005 R2 SP1 Beta Program」のプログラムに参加すると、「VM Additions for Vista Beta 2」がダウンロードできます。
適用方法は、まずダウンロードしたファイルをホストOS側にインストール。

すると、isoイメージファイルが作成されるので、Vertual PC 2004の[PC]→[ISOイメージのキャプチャ]メニューでisoファイルをマウント。
次に[操作]→[バーチャル マシン追加機能のインストール/更新]メニューを実行。
後は、Vista上でSetup.exeを実行しインストールすればOK。

これでほんの少し動作が軽くなる!?
<2007.2.20追記>
Vistaに正式対応したVirtual PC 2007が公開されました。
http://www.microsoft.com/windows/products/winfamily/virtualpc/
</2007.2.20追記>

Windows Vista beta2に続き、Vista RC1をインストールしてみた。

Windows Vista RC1(ビルド5600)は現在(2006/9)、一般ユーザ向けにも公開されている。
以前ブログでも書いた通り、無料のMicrosoft Virtual PC 2004(仮想OS)と組み合わせれば、今のWindows XP上でVistaが動かせるので、興味のある方は是非お試しを。
# 一応、Windows XP Home Edition上でVirtual PC 2004を動かすことがでた。

ダウンロード:
 Microsoft Windows Vista RC1
 Microsoft Virtual PC 2004
(さらに…)

フリーとなったVirtual PC 2004上にWindows Vista Beta2をインストールしてみた。


先月まで一般ユーザ向けにWindows Vista Beta2がダウンロード可能であった。

実はこの時、ダウンロードして自分のPCにインストールを試みて失敗していた。
さすがに今のXPを上書きインストールは出来ないし、新たにHDDを買い、差し替えて試すことも面倒だったので、USB接続のHDDをベースにインストール。
勿論、BIOS設定でUSBブートとして。

途中まではインストールできるけど、再起動で何故か最初のメニューに戻ってしまう。
きっとハードが対応していないんだろう。
その時はそれであっさり諦めた。
(さらに…)