Tagged: Windows

前に、Windows 10 Enterprise Technical PreviewをVMware Playerにインストールしたことはあったけど、今度は7/29正式版のWindows10をメインPCにインストールしてみた。
まだインストールトラブルもちらほら聞く中、自作ソフトの動作確認をしなければならないので人柱覚悟でインストール。
 

Windows10
 

と言っても、環境ぶっ壊れるといろいろ面倒なことになるので、手動で可能な限りファイルバックアップ。
に加え、以下のサイトを参考に、PCを丸ごとバックアップ。
Windows 10を入れる直前の状態で復元できるイメージバックアップのつくりかた
USBメモリに「回復ドライブ」を作成し、
外付けHDDに「システム イメージ」をごっそりバックアップ。

やらなくてもいいけど、念のため。。

 

そしてWindows10のインストール作業へ。

Windows10への無償アップグレードの予約をし、タスクトレイにWindowsアイコンが表示されている状態。
Windows10への無償アップグレードの予約

 
(さらに…)

Windows Vista78と、新OSが出る度にVMで自作ソフトの動作確認をしていたけど、
今回もWindows10環境を構築してみることにした。

プレビュー版を入れるような空きPCも無いので、今回も仮想環境にWindows10をインストール。

 

windows10

 
(さらに…)

本日、Windows8.1がリリースされた。
Windows8からのアップグレードは無料ということで、早速インストールしてみた。

Windows8.1

(さらに…)

以前、Windows 8 Release Preview上で自作ソフトの疎通動作確認を行ったけど、Windows8マシンも買ったことだし本格的にWindows8対応を始めることにした。
まずは、動作確認から。

Windows8 Release Preview上では概ね動作していたけど、今回製品版で確認し直したところ、いろいろ手直しが必要ということが分かってきた。

主な問題点は、
・デスクトップガジェット廃止
・メニュー上で[←][→]キー操作が反転
・画面拡大による表示崩れ

表示崩れについては、直接Windows8に関係したものではないけど、最近のPCは解像度が細かすぎるため、拡大表示されているものがある。
更にWindows8ではタッチ操作も利用するシーンも多くなってきたため、ボタン等が小さすぎると周りの他のものまで触ってしまい誤操作しやすい。

先日購入したVAIO Duo 11なんかもディスプレイの拡大サイズの初期値が「125%」となっている。

今までもサイズ拡大は100%のみを考慮して作り込んでいたけど、そうも言っていられない状況になってきた。
01
ということで、個々のアプリの動作確認。

02節電メーター

03
前にもちょっと書いたけど、Windows7で動作していたデスクトップガジェット(Vistaで言うサイドバーガジェット)は、Windows8ではサポートされなくなった。
ガジェットを動かすsidebar.exe自体そのものが無いらしい。

(さらに…)

最近、ブログばかり書いているけど、Windows8もリリースされたことだし、そろそろ真面目にWindows用アプリの作り方を勉強しなければなぁ。
と思っていた矢先、ベクター経由で「GMO×マイクロソフト共催 Windowsストアアプリ開発セミナー」
の案内が届いた。

場所が渋谷(遠い)&平日なので、行こうかどうか迷ったけど、自力でWin8アプリ開発をゼロから勉強するよりも、セミナーで概要理解した方が手っ取り早いので、参加することにした。
#丁度、仕事も忙しくなかったし、スキルアップも必要でしょう。

で、このセミナーのちょっと変わったところは、先日紹介したお名前.comのクラウドサービス上で開発を行うといったもので、セミナーのときも、リモートデスクトップで開発環境(Windows Server 2012 + Visual Studio 2012 + Blend for Visual Studio 2012)が用意されている仮想環境に乗り込んで、サンプルプログラム作成&実行を行った。

30人ぐらいで一気に乗り込んだので、ちょっと動作が重かったかな。
(クラウドじゃなくて、多重時の無線LANが遅い?)

でも、クラウド上でアプリ開発するという、なかなか面白い試み。

参加者は、様々なノートPCを使って乗り込んでいた。Windows8や、7、XP。
中にはMacから乗り込んでいる人もいて、右クリックってどうやってやるの?と質問してた。

iPhoneアプリ開発者も参加していたようで、iPhone/Androidアプリ開発との違いなども説明していた。
Windowsストアアプリ作成方法
配布された資料。

(さらに…)

「お名前.com デスクトップクラウド 」でWindows8を使ってみた
お名前.com デスクトップクラウド

あのドメイン取得ができる「お名前.com」で、サービス提供されているデスクトップクラウドを試してみた。

クラウドというと、何かモヤモヤしたイメージで、結局、他のレンタルサーバーと同じじゃないの?とか思っていたけど、このデスクトップクラウドは、OS自体を貸出ししてくれるサービス。
http://www.onamae-desktop.com/

例えば、Windows8をそのままクラウドサービスとして公開されていて、それをリモートデスクトップ接続して利用するというもの。
例えば、自宅でMacOS環境を使っていても、クラウド上のWindows8を利用できる。

で、いろいろ用意されているんだけど、開発環境であるVisual Studio 2012がプイインストールされているものもあった。
http://www.onamae-desktop.com/dev/

更に、無料トライアル(14日間)ってのもあったので試しに申し込んでみた。
クラウド側でサービス設定が完了すると、ログイン方法などが記載されたメールが届く。
もう既に、こっちのPC環境もWindows8だが、Windows8のクラウドを利用してみる。

ちなみに、リモートデスクトップが接続可能であれば、Windows Vista/7は勿論、Macや、iPad、iPhone、Androidからも接続できるらしい。
早速、使ってみる。
と、Windows8から「リモートデスクトップ」の開き方が分からない。。。
Windows7ならスタートメニューのアクセサリ配下にあったような気がするが、Windows8にスタートメニューが無い。

(さらに…)

Windows 8発売記念優待版が、Windows XP、Vista、7向けに、
2013年1月31日まで期間限定で割安で購入できるキャンペーンが行われている。
ダウンロード版が3,300円、パッケージ版が5,800円。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buy
これを機に古いVistaのノートPCもWindows8に入れ替えてみることにした。
Windows 8
以前、このPCにWindows 8 Release Previewを入れた試しがあって、Windows8で軽快になることは確認済みだったので製品版を入れることにした。
# Vistaが重すぎただけ?

(さらに…)

マルチタッチに本格的に対応したWindows8が発売されたので、マイPCも買い換えることにした。
でも、Windows 7も実はマルチタッチ対応はされてて、自分もマルチタッチ対応アプリの作り方を理解し、1本作成したことがある。
しかし、ハード的にタッチ対応したPCが殆ど売れていなかった。
売れていない原因は、Windows 7(デスクトップ)が全くタッチ操作に向いていないから(だと思う)。
指では100ドットぐらい同時に押してしまうし、右クリックやドラッグ操作、マルチタッチ(複数ポイントを同時クリック)などいろいろ無理があった。
で、そこら辺の問題をOSレベルで解決したのがWindows 8スタイルのUI。
# ちょっと話が脱線してしまった。
今回のWindows8搭載PCを見てみると、タッチ前提のデザインとなっているタブレットタイプや、画面とキーボードが分離するタイプ、
画面が引っ繰り返るタイプなど様々な形が用意されている。
マルチタッチが効かないPCも販売され、従来の標準的な形のデスクトップPC、ノートPCも販売されている。
どうせWindows8買うなら、新しいタイプのモノがいいということで画面がスライドし、動きがユニークな「SONY VAIO Duo 11」を買うことにした。で、ついでにちょっとしたレビュー記事も書いてみた。
01
02
後ろから見たところ。
普通のノートPCだと、タッチすると画面が揺れてしまうが、VAIO Duo 11の場合、支えがあるので揺れることがない。

(さらに…)

今までWindows 7上で動作していた自作のデスクトップアプリケーションを、Windows 8 Release Preview上で問題なく動作するか疎通動作を確認してみた。
rss2

 

ガジェット

まずは、Windows 7/Vistaで登場していたガジェット。

東電電力使用状況

ガジェットは今までのWindowsほぼ同等。
最初にダブルクリックで実行すると、
de1
発行元を確認できませんでした。このガジェットをインストールしますか?
 名前:denryoku.gadget
 発行者:不明な発行者
 「インストールする」「インストールしない」
みたいなセキュリティの警告ダイアログが出る。
インストールを実行すると、今までのWindowsと同様、ガジェットとして使えるようになる。
de2
設定画面も普通に開ける。
de3

東京電力メーター

こちらのガジェットも同様。インストール時に警告。
td1
実行すると、今まで通りと同じように動く。
td2
設定も。
td3

 

デスクトップアプリケーション

次に、デスクトップアプリケーション。

デスクトップアプリケーションは、実行時に、以下のようなメッセージが表示される。
af1
WindowsによってPCが保護されました
Windows SmartScreenは認識されないアプリの起動を停止しました。
このアプリを実行すると、PCに問題が起こる可能性があります。
と、ちょっとビビるメッセージが表示される。
ここで「OK」を押すと何も起動せず終了するが、「詳細情報」を選択すると、
 発行元:不明な発行元
 アプリ:AffiliSearch.exe
 「実行」「実行しない」
みたいな表示が出てくる。
af2
ここで、「実行」を選択すると、今まで通りアプリケーションを実行できる。

(さらに…)

公開されたWindows 8のRelease Previewを早速インストールしてみた。
[Windows 8 Release Preview]
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/release-preview
Windows 8 Release Preview

導入方法の検討

Windows 8をインストールするにはいくつか選択肢があるようで、まずはそこから検討してみた。
方法1:アップグレードインストール/クリーンインストール
Windows 8 Release Preview セットアップで既存のWindows(Windows7やVista/XP)に対してアップグレードまたはクリーンインストール。
セットアップを実行すると、既存Windowsのデータを残すかどうか聞いてくる。
詳細
方法2:デュアルブート環境にインストール
isoイメージのWindows8インストーラをダウンロードしDVDなどに焼いておき、空きドライブ上にインストール。
新たにハードを準備する必要が無いし、既存のWindowsに影響が少ない。
Windows 7/Vistaであれば、OS標準でパーティション作成できるので、HDD空きがあればドライブ追加も容易。
デュアルブートでインストールしてみたい方は以下のサイトが参考になるかも。
[[Win8RP] デュアル ブートする方法]
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_8-windows_install/win8rp-%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB/c19d1d80-3c17-4e17-b791-2226d842d681
[Windows 8 Consumer Previewをデュアルブート(マルチブート)する方法]
http://kama3104.blog96.fc2.com/blog-entry-417.html
[Windows 8 Release Preview ISO イメージ]
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/iso
詳細
方法3:Windows To Goを利用してUSBメモリにインストール
Windows 8では「Windows To Go」なんて機能が追加されている。
これは、USBメモリやUSBハードディスク、SDカードなど外部のメディアに対してWindows 8をインストールして持ち運び、出先のPCに差し込んで使えるという代物らしい。
Windows 8 Release Previewを既存環境にインストールする必要が無いためリスクが少ないし、HDDも圧迫しない。
isoイメージのWindows8インストーラをダウンロードしDVDなどに焼いておき、その中にあるファイルを使用しセットアップするらしい。
Windows To Goでインストールしてみたい方は以下のサイトが参考になるかも。
[Windows 8をUSBメモリで持ち運ぶ、Windows To Go]
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/productreview/win806/win806_01.html
[Windows 8 Release Preview ISO イメージ]
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/iso
方法4:仮想環境にインストール
VMwareなどの仮想環境に新規インストール。
ホストOSとは別物としてインストールするのでリスクは少ない。
ただし、PCのスペックがそこそこ必要で、動作も少々遅くなりそう。
isoイメージのWindows8インストーラをダウンロードしDVDなどに焼いておき、isoをマウントしてインストール。
[VMware Player]
http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/player/overview

方法1でインストール

で、手持ちのノートPCに、どの方法で入れるべきか検討をして試行錯誤したんだけど、ノートPCがしょぼすぎて空き容量も少ないため、この際まっさらにして方法1「アップグレードインストール/クリーンインストール」をやってみた。
■前準備
・バックアップ作成
・空きディスク確保
・ダウンロード
以下のサイトからWindows 8の媒体イメージ(iso)をダウンロード。
日本語64ビット(x64)が3.3GB
日本語32ビット(x86)が2.5GB
[Windows 8 Release Preview]
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/release-preview

(さらに…)

先日、窓の杜から、マルチタッチアプリ開発会議のお誘いがあったので参加してきた。
Microsoftが開催する開発者向けイベント「Windows 7 マルチタッチ対応アプリケーション開発者会議」で
六本木にある東京ミッドタウンで行われた。
内容は、
・Windows7の普及状況とスレートPCについて
・マルチタッチアプリで気を付けるUIについて
・既存アプリのマルチタッチアプリ対応または新規開発依頼
・Silverlightの紹介
・質疑
など。
# 他にもあったような。
[参考記事]
窓の杜:“Windows Slate/Windows 7/マルチタッチ対応アプリケーション開発者会議”レポート
興味のある話もあったんで参加してよかった。
あと、2011年末までにマルチタッチ対応アプリケーションを作成することを条件に
Windows7のスレートPCを貰ってきました。
マルチタッチ対応アプリは新規開発しなくても、既存の公開アプリをマルチタッチ対応
するだけでもいいという事なので、3月に間に合いそうになければ、とりあえず
既存アプリのマルチタッチ対応をやろうかなと思っている。
いいネタ&暇があれば新規アプリも挑戦してみたい。
ちなみに、Silverlightはマルチタッチと相性がいいということで説明されていたけど、
これが案外良さげ。
もうこれからの時代はHTML5じゃないのかと思い込み、見てみぬ振りをしていたけど、
Silverlightで作成したアプリは、Web(IEは勿論、Mac上のSafariでも動く)や、
Web以外のデスクトップアプリケーションとしても動く。Mac上でも動く。
例として台湾MSのSilverlightサイトを紹介していた。
かなり痛いページだけど、このページの玩具箱子にSilverlightのサンプルがあるようで、
ここのSilverlightアプリは、Webだけじゃなく、Webを切り離したアプリとして動作する
ことも紹介していた。
また、SilverlightはWindows Phone7のアプリ開発にも使われているらしい。
なので、Silverlightを扱えるようになれば、Web、アプリ、WP7アプリの
開発が楽になりそう。
WP7抜きにしても、そのうち挑戦してみたいなーなんて思っている。
SilverlightはWPFの簡易版(主にWeb)みたいな感じらしいけど、
以前、Visual StudioのみでWPFアプリを作ったとき、難しかったんで敬遠してた。
Microsoft Expression Blend 4を使えば、UIを簡単且つ豪華にできるらしいけど、
これがまた高い(Expression Blend)。
でも欲しい。面白いことがいろいろできそう。
1
約100人ぐらいの開発者が参加してました。

(さらに…)