無料版開発環境 Visual Studio Community 2013をインストールしてみた

.NETが一部OSS化され、.NET開発環境であるVisual Studio 2013も条件付きで無料版がリリースされた。

ずっと、そーなればいいなとは思っていたけど、まさか本当に実現するとは。凄い。
.NETも、やっと少しようやく何とな~くJavaに近付いてきた。ような気がする。

サーバーサイドの.NET Core Runtimeは、LinuxとかMac OS Xにも対応。

で、Visual Studioの方は無料化された。
とは言っても、もともとVisual Studio Expressは無料だった。
まぁ、こちらは「for Web」とか「for Windows」「for Windows Desktop」など、作りたい物によってモノが分かれていたため、1つ1つインストールしなければならなかったけど。

それが、今回Visual Studio 2013 Professionalみたいな感じで1つになっている。

更にVisual Studio Community 2013では、Android、iOS向けのアプリも開発できるとのこと。

でも、このVisual Studio Community 2013は、利用者に制限を設けていて、個人開発者、大学関係者、非営利団体従事者、オープンソース開発者、中堅・中小企業などに該当しなければならないので注意が必要。

 

Visual Studio Community 2013

 

そんな訳で、開発環境をVisual Studio Community 2013に乗り換えてみることにした。

 

Visual Studio Community 2013のサイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

Visual Studio Community 2013

・学生、オープン ソース開発者、非営利団体従事者、小企業、スタートアップ、個人開発者のためにデザインされた無料の Visual Studio
・企業向けでないデスクトップ、デバイス、クラウド、Web 等のアプリを Visual Studio Community ですべて作成
・数多くの Add-in を利用でき、Windows, Android, iOS をクロス プラットフォームで開発可能

 

他のVisual Studioとの比較
他のVisual Studioとの比較
Visual Studio Ultimate, Visual Studio Premium, Visual Studio Professionalなどと同じく全アプリをターゲットとし、Add-inも利用可能。
でも、さっき書いた通り利用ユーザーをある程度限定している。

 
 

前にも、Windows8環境にVisual Studio 2012をインストールしハマったことがあったけど、今回も、Windows8.1環境にMicrosoft Visual Studio Community 2013をインストールしてハマってしまった。
・・・ので備忘録。

 

早速Visual Studio Community 2013をダウンロード。
http://www.visualstudio.com/ja-jp/downloads/download-visual-studio-vs#DownloadFamilies_2

 

Install now
「Microsoft Visual Studio Community 2013 with Update 4 – English」の下の「Install now」をクリックしインストール開始。

 

Next
「I agree to the License Teams and Privacy Policy.]をチェックし[Next]ボタン押下。

 

INSTALL
インストールしたい機能を選択し[INSTALL]押下。
とりあえず、Windows Phone 8.0 SDK以外は全部入れてみることにした。

 

インストール中
インストール中。

 

インストール完了
インストール完了。
まだ英語版だけど[LAUNCH]で起動してみる。

 

Sign in
Sign in

 

Microsoftアカウント入力
Microsoftアカウント入力。

 

起動中
起動中。

 

起動完了
起動完了。
英語版はこれで完了。

 

日本語化
日本語化するために、再びダウンロードサイトにアクセスし、今度は「Microsoft Visual Studio 2013 Language Pack – 日本語」の「今すぐインストール」をクリック。

 

Visual Studio 2013 Language Pack - 日本語
Visual Studio 2013 Language Pack – 日本語 のインストール開始。

 

インストール中
インストール中。

 

メッセージ
インストール中に気になるメッセージが。。

Microsoft Visual Studioで、インストールされている言語リソースのバージョンの
不一致が検出されました。このような状況は、異なるバージョンの製品(Beta、
RC、RTM)が異なる言語に対してインストールされているインスタンスで発生する
可能性があります。

すべての古いバージョンと言語パックをアンインストールするか、これらをすべて最新
バージョンにアップグレードしてください。問題が解決されるまで、Microsoft Visual
Studioは開始されないか、正しく機能しない可能性があります。

前にインストールしてあったVisual Studioの残骸が影響しているのか?
とりあえず続行。

 

セットアップが正常に完了
セットアップが正常に完了しました。
# って正常じゃなかった。

 

Visual Studio 2013を起動
インストールされたVisual Studio 2013を起動。

 

あれ?
あれ?日本語化されていない。
やっぱさっきのメッセージの通りか。

OSを更新して再起動を試みてもダメ。

うーん、何だろう。

 

Visual Studio 2013 Language Pack - 日本語
再びVisual Studio 2013 Language Pack – 日本語 のインストール(修復)してみる。

 

メッセージ
今度は、セットアップ後のメッセージが変わった。

Microsoft Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime(x64) Language Pack -JPN パッケージの実行は失敗しました。

 

アンインストール
ここら辺が悪さしているのか。
アンインストールしてみて、再起動。

 

Visual Studio Community 2013
再びVisual Studio Community 2013のインストールを試みてみると、今度は以下のエラーが発生。

Setup Blocked
Visual Studio Professional 2013 is currently installed on this machine.
Please uninstall Visual Studio Professional 2013 and retry.

一応、Visual Studio 2013をアンインストールしてあるんだけど。
再起動しても変わらず。

ググってみたところ、同様の現象が。
ここの情報をもとにフォルダを削除。
C:¥Program Files (x86)¥Microsoft Visual Studio 12.0
C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥VisualStudio
C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥VisualStudio

それでもダメ。

もう腹をくくって、OS再インストールも覚悟する勢いで、以下のレジストリも削除。
(危ないので真似しないでね。マネする場合は自己責任で)
HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥VisualStudio¥
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥DevDiv¥
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥VisualStudio¥
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Wow6432Node¥Microsoft¥DevDiv¥
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Wow6432Node¥Microsoft¥VisualStudio¥

 

Visual Studio Community 2013
今度は、変なエラーでない。

 

英語版インストール
再び、振り出しに戻り英語版インストールを実行。

 

警告メッセージ
インストールオプションで「Windows Phone 8.0 SDK」を選択したせいか、今度はこんな警告メッセージが。。

・このPCでは、ハードウェアの仮想化が無効になっています。
 BIOS設定で有効にする必要があります。
 詳しくは、”http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=252010″で
 MSDBの記事をご覧ください。
・Hyper-Vが有効になっています。
・現在のユーザーがHyper-V管理者グループに追加されました。

 

英語版のインストール完了
英語版のインストール完了。

 

日本語化
と、思ったら、ちゃんと日本語化されている。
一回目にインストール失敗したときのゴミが残っていたのか?
試しに、勤務時間取得ツールをリビルドしてみたけど、ちゃんと使えるようだ。

 
 

あ、ちなみにVisual Studio 2015 Previewも公開されたみたい。
プレビュー版だけど、既に日本語も使えるらしい。

[Visual Studio 2015 Preview]
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/visual-studio-2015.aspx

 
 


1 comment

  1. test 12月 5, 2014 1:38 pm  返信

    私も同じ現象で悩んでたのですか、レジストリ削除でかいけつしました!
    ありがとうございます

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*