[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(37号)

前回に続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第37号「右のリアアップライトを組み立てる」に挑戦。
01


02
デアゴスティーニ週刊マクラーレン第37号。
03
37号の中身は以下のような構成となっている。

  • セナストーリー
    カナダで得たシーズン3勝目

  • マクラーレンホンダMP4/4の軌跡
    第9戦:ドイツGP Part1 マクラーレンとフェラーリの明暗

  • セナワールド
    小林信彦

  • セナの歴代F1マシン
    マクラーレンMP4/5 Part3 自然吸気エンジン

04
右のリアアップライトを組み立てる
05
37号のパーツ。
リアブレーキダクト(右)、リアアップライト(右内、右中、右外)、CVジョイント(外)、アクスルスペーサー、リアブレーキハブ、リアアクスル、ビスE(2.0×6P-M SiL)×2、ビスR(1.4×4F-M BK)×4
06
リアアップライト(右外)にリアブレーキハブを仮組みする。
突起部分を凹みに合わせる。
07
仮組み。
08
接着面を確認し仮組みを外す。
09
接着面をカッターの刃の無い部分で削る。
10
リアアップライト(右外)の凹み部分(仮組みで確認した接着部分)にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗る。
11
仮組み時同様に、リアブレーキハブを組み合わせ、接着剤が乾くまで2~3分、指でおさえる。
12
今度は、リアアップライト(右外)にアクスルスペーサーをはめる。
13
更に、このリアアップライト(右外)にCVジョイント(外)をはめ込む。
14
CVジョイント(外)の取り付け後。
15
CVジョイント(外)が外れないよう指で押さえながら裏返し、リアアスクルをブレーキハブの穴に差し込む。
16
差し込んだところ。
17
CVジョイント(外)を取り付けた裏側の方に、ビスEを差し締める。
18
ビスE取り付け後。
19
これでしっかり取り付けられた。
20
リアアプウライト(右外)の凹みと。リアアプウライト(右中)の突起部分が合う接着面を仮組みで確認する。
21
仮組み。
22
リアアップライト(右中)と、リアアプウライト(右内)のビス穴の位置を確認しておく。
23
リアアップライト(右中)と、リアアプウライト(右内)を合わせ、仮組み。
24
リアアップライト(右外)の接着面(赤矢印部分)をカッターの刃のない部分で削る。
25
見えにくいけど、リアアップライト(右中)の接着面(赤矢印部分)もカッターの刃のない部分で削る。
26
同様にリアアップライト(右中)、リアアップライト(右内)も接着面の塗装を削る。
27
リアアップライト(右外)にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り、リアアップライト(右中)を取り付ける。
28
2~3分おさえた後、今度は、リアアップライト(右中)の塗装を削った部分に接着剤を塗り、リアアップライト(右内)を組み合わせる。
29
組み合わせ。
30
3箇所のビス穴に、ビスRを差し締める。
31
接着剤が完全に乾くまで1時間程度置く。
これで37号まで完成。残りあと33号!
32
今回提供され使用しなかった保管用パーツ。
33
あと、任意作業となっているスミ入れも。
34
スミ入れ完了。乾くまで放置。

デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第37号 デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第37号
OsadaSoft


全力通販で探す
週刊マクラーレン ホンダ MP4/4

 
 
 

その他関連記事はこちら。
デアゴスティーニ マクラーレンMP4/4

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号
11号12号13号14号15号16号17号18号19号20号
21号22号23号24号25号26号27号28号29号30号
31号32号33号34号35号36号37号38号39号40号
41号42号43号44号45号46号47号48号49号50号
51号52号53号54号55号56号57号58号59号60号
61号62号63号64号65号66号67号68号69号70号

 
 
 


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*