[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(6号)

前回に引き続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第6号「リアウイングを組み立てる(2)」に挑戦。
パーツの位置
今回組み立てるパーツの位置。
リアウイングの柱部分と、フロントウイング左右の下回り。


デアゴスティーニ週刊マクラーレン第6号
デアゴスティーニ週刊マクラーレン第6号。
1~6号のパッケージ
1~6号のパッケージ。
付属パーツによって厚みが大分違う。
6号
6号の中身は以下のような構成となっている。

  • セナストーリー
    熾烈なライバル争い
  • マクラーレンホンダMP4/4の軌跡
    第2戦:サンマリノGP Part 1 雪辱に燃えるセナ
  • セナワールド
    アンジェロ・パリッラ
  • セナの歴代F1マシン
    マクラーレンMP4/4 Part 6:燃料効率
  • 組み立てガイド
    リアウイングを組み立てる(2)

第6号の付属パーツ
第6号の付属パーツは、リアウイングステー(左右)、フロントウイングスキッド(左右)、ターボチャンバー、プラグソケット×3
組み立て開始。
リアウイング
まず、5号で組み立てたリアウイングを用意しておく。
リアウイングステー
リアウイングステーの左右パーツを穴に合わせ仮組みする。
合わせる
合わせる
合わせる。
リアウイングステー差し込む
仮組みしたリアウイングステーをリアウイングの長方形の穴に差し込む。
こんな感じ
こんな感じになる。
前から
前から見たところ。
塗装を削る
仮組みを確認したら、再び取り外す。
今度は接着剤を付けるため、接着面(赤点線部分)をカッターナイフ裏面で塗装を削る。
削る
削る。
削ったあと
見にくいけど、削った後。
シルバーの塗装が剥げ、白くなっているところ。
削る
リアウイングステーについても接着面(赤点線部分)を削る。
これぐらい
このぐらい削ればOK。
接着剤
接着剤を用意。
残り少ないなぁ。
爪楊枝に接着剤
爪楊枝に接着剤を塗りつける。
接着剤をつける
リアウイングステーの削った部分に接着剤を塗り付ける。
2~3分おさえておく
2~3分おさえておく。
接着剤をつける
リアウイング穴の部分にも接着剤を付ける。
黒面は見える部分なので、接着剤がはみ出ないよう、穴の奥側(青点線部分)に接着剤を付ける。
爪楊枝で塗り付ける
爪楊枝で塗り付ける。
2、3分固定
2~3分固定する。
しっかり押さえ込む
しっかり押さえ込む。
1時間放置し乾かす
上向きにして1時間放置し乾かす。
フロントウイング
今度はフロントウイングを準備。
フロントウイングキッド
フロントウイングスキッドを用意。
フロントウイングスキッドの突起
フロントウイングスキッドの突起部分を確認しておく。
フロントウイング翼端版とフロントウイングキッド
フロントウイング翼端版(左)下面にある凹みと、フロントウイングスキッド(左)の突起部分を仮組みで確認する。
仮組み
仮組み
こんな感じで仮組み。
削る
フロントウイング翼端版の接着面(赤点線部分)を削る。
削る
削る。
こんな感じ
こんな感じ。
フロントウイングスキッド
フロントウイングスキッド側も塗装面を削り(白色部分)、接着剤を付ける。
接着剤を塗る
接着剤を塗る。
フロントウイング
フロントウイングに付ける。
乾かす
乾かす。
上向きで1時間乾かす
右側のフロントウイングスキッドも同様に削る&接着し、上向きにした状態で1時間ほど乾かす。
こんな感じ
上から見るとこんな感じ。
完成
これで6号は完成。
未使用パーツ
使わなかったパーツは取っておく。
完成パーツ
1~6号までの完成パーツ。

デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4  10巻1括
デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4  10巻1括
osadasoft


全力通販で探す
週刊マクラーレン ホンダ MP4/4

 
 
 

その他関連記事はこちら。
デアゴスティーニ マクラーレンMP4/4

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号
11号12号13号14号15号16号17号18号19号20号
21号22号23号24号25号26号27号28号29号30号
31号32号33号34号35号36号37号38号39号40号
41号42号43号44号45号46号47号48号49号50号
51号52号53号54号55号56号57号58号59号60号
61号62号63号64号65号66号67号68号69号70号

 
 
 


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*