F1史上最年少ワールドチャンピオン

2008年F1最終戦ブラジルGP(11/2)
めちゃくちゃ面白かった。
特に後半。

ハミルトンvsマッサの1ポイント差での争いがまるでマンガやドラマのように嘘っぽい展開で争っている。
本物のレースでこういうハラハラとする争いなんか滅多に見れない。
今回は本当に手に汗握るGPだった。

応援しているS.ベッテルとハミルトンが争ってしまって一時どうなるかと思ったけど、結果的にお互いいい結果に終わって言うことなし。
まだ見ていない人は是非、年末の特番や、総集編を見てちょうだい。
消されそうな気もするけど、一応、YouTube映像はこちら。
ラスト1周しか映っていないけど、本当に面白いのはラスト5周あたりから。

スペシャル予約特典付!!2008 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 DVDスペシャル予約特典付!!2008 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 DVD

スペシャル予約特典付!!2008 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版 DVD
販売店:レーシングギア Racing Gear
価格:¥4,800
osadasoft

関連記事:
F1史上最年少ワールドチャンピオンが誕生!
タイトル決定のカギを握ったベッテル&グロック


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*