RSS速報をメジャーバージョンアップ予定

RSS速報を1.xxから2.00にメジャーバージョンアップする予定。

主な目的は、.NET Framework1.1から2.0に引き上げたいため。
開発環境もVisual Studio 2003から2005へ。
最初はVS2005の機能である「Visual Studio変換ウィザード」を使って.NET Framework2.0対応としようとしていたけど、スレッド関連のチェックが厳しくなったせいで手直しが必要ということが分かった。

で、どうせ手直しするなら、VS2005として新規作成しピュアな.NET Framework2.0対応にしてみようということで、只今、Version2.00に向け作り込み中。
と、言ってもロジックは基本的にコピペ。

GUIはまっさらな状態から作り直し。
最新のコントロールに切り替え、見た目もそこそこ良くなってきた。
これでいいかなと思ったけど、簡易ブラウザの画面も作り直したくなってきた。
以前、RSSリーダーなので3ペイン型にして欲しいって要望も受けていたので頑張って作ろうかなと。


で、VS2005(.NET Framework2.0)からチェックが厳しくなったスレッド関連の処理も見直し、今回は.NET Framework2.0から新機能として追加されたBackgroundWorkerを使ってみることにした。

このBackgroundWorkerというクラスは重たい処理を実行する際に別スレッドで実行するための代物。
昔のVBでいうTimerみたいなもの(VBは別スレッド作れないが)で、スレッド処理よりは簡単に扱える。
ただし、2スレッド以上は無理。
GUIの裏で重たい処理を実行するために作られたっぽい。

裏で2個、3個、…10個と多重処理したい場合は通常のスレッド処理でやるらしい。
今回はブラウザでアクセス中、プログレスバーの表示をしたいだけなので、このBackgroundWorkerという新機能を使用することにした。
だから「簡易ブラウザ」画面については、正真正銘、まっさらからの新規開発となる。
今、本業の方も忙しいんで、まだまだ公開には時間が掛かりそう。
毎日、コツコツと作り込んでます。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*