ライセンス登録

勤務時間取得ツールは、ご利用の用途によってライセンス登録が必要となります。

個人が家庭内で使用する場合は、フリーソフトウェアとして全ての機能をご利用できます。
ただし、ところどころでライセンス登録を促す本ダイアログが表示されます。
また、学生や教職員の方もフリーソフトウェアとして同様にご利用できます。

上記以外の方(会社や個人事業主など)は、ライセンス登録が必要となります。


利用形態 ライセンス登録 説明
あとで選択 試用中、ライセンス登録検討中など、とりあえず後回しする場合、一時的に選択します。
家庭内で個人利用 不要(*1) 自宅PCなどで個人利用のために利用する場合に該当します。
学生または、教職員で学校内で利用 不要(*1) 学生や、教職員など教育関連の現場で利用する場合に該当します。
その他、会社などで利用 必要 会社や個人事業主など職場でのご利用や、上記分類に該当しないケースの場合、全てこちらに該当します。
コンプライアンス違反とならないよう、必ずライセンス登録してください。

*1 ライセンス不要でフリーソフトとして利用できますが、エクスポートなどの機能を利用する際、ライセンス登録を促すダイアログが表示さる場合があります。
  非表示化するためにはライセンス登録が必要となります。
  また、寄付金としてのライセンス登録も受け付けております。


ライセンスの登録方法

ライセンス登録するまでの流れは以下の通りです。
  1. ライセンスキーの取得
    ライセンスキーは、ベクターのシェアレジから購入できます。
    http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se390865.html

    ※50ライセンス以上の一括購入の場合、銀行振り込みにより対応しますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
     [お問い合わせフォーム]
     https://www.osadasoft.com/support/inquiry/

  2. 勤務時間取得ツールに登録
    取得したライセンスキーを、勤務時間取得ツールの「ライセンス情報」ダイアログから入力します。


※取得したライセンスキーは、忘れずに保管してください。
 個人情報保護などの理由により、購入履歴など保持することができないため、ライセンスキーの再発行はできません。
 PC入れ替え時など、ライセンスキーの再入力が必要となりますので、大切に保管してください。


ライセンスの取得単位

ライセンスは、1人に対して1つ必要です。
例えば、PC入れ替え後なども同一人物であれば、同じライセンスキーを使用することができます。

注意:
ライセンスを他人に譲渡することはできません。
暗号化したライセンスキーや設定情報には、固有の情報を含んでいますので、ご注意願います。


ライセンス登録有無の機能差

基本的にライセンス登録済/未登録による機能差はありませんが、ライセンス登録を促すダイアログが表示されます。