勤務時間取得ツール

「勤務時間取得ツール」は、Windowsのイベントログ情報からおおよその出勤時間、退勤時間を取得し、簡単に勤務表を作成することができます。
また、ツールを起動するだけで、その時点の実動時間や、残業時間も簡単に確認できます。

コロナ対策等でテレワークや時差出勤等が増加し勤務体系が多様化するなか、勤怠管理を容易化できます。

 

勤務時間取得ツール

イベントログから取得したおおよその勤務時間

 

主な特徴

 

  • 簡単に勤務時間を確認

    ツールを起動するだけで、過去の出勤、退勤時間を確認できます。
     

  • タイムカードの代わりに

    テレワークの勤務や、出張などタイムカードが利用できない職場においても簡単に勤怠管理できます。
    また、タイムカードと併用して、打刻を忘れてしまった場合の勤務時間エビデンス、チェックツールとしても活用できます。
     

  • 出退勤時の操作不要

    Windowsのイベントログから、PCの起動時間を取得するため、特別な事前操作は不要です。
    出勤/退勤の際、アプリの起動や、打刻操作なども必要ありません。
    また、アプリの常駐も不要なため、CPU、メモリなどリソースも消費しません。
     

  • 長時間労働の防止に

    ツール起動するだけで、前日までの残業時間を確認できるため、早期に残業超過を把握できます。
    働き方改革への取り組みとしても活用できます。
    また、副業など時間を把握しにくいケースにおいても、労働時間を確認できるため働き過ぎを抑止できます。
     

  • 勤務表を簡単に作成

    データは出勤簿としてMicrosoft Excelに出力できるため、勤務表作成の煩わしい作業時間を短縮できます。
    また、Excel以外にもCSV、XMLファイルとしても保存ができます。
     

 

勤務時間取得ツール Excelにエクスポート

Excelファイルに出力することも可能

 

備考欄に有給休暇や、早退、遅刻など任意のコメントを記入できます。
「休」チェックをONにすることで祝日に対応した時間計算も可能です。

 

設定画面。 休憩時間、所定労働時間を指定することにより、実働時間、残業時間を求めることができます。

設定画面。
休憩時間、所定労働時間を指定することにより、実働時間、残業時間を求めることができます。

 

ダウンロード

バージョン 公開日 サイズ ファイル カウンタ
3.2.4 2020/09/27 801 KB ge324.zip 104
3.2.3 2020/08/02 800 KB ge323.zip 203
3.2.2 2019/11/10 800 KB ge322.zip 1164
3.2.1 2019/09/10 798 KB ge321.zip 426
3.2.0 2019/08/25 797 KB ge320.zip 117
3.1.2 2019/02/06 789 KB ge312.zip 1647
3.1.1 2018/10/28 789 KB ge311.zip 691
3.1.0 2018/07/23 775 KB ge310.zip 907
3.0.2 2018/06/02 1 MB ge302.zip 382
3.0.1 2018/04/16 707 KB ge301.zip 707
3.0.0 2018/04/05 681 KB ge300.zip 334
2.4.3 2017/10/17 601 KB ge243.zip 1555




 

更新履歴

 
 

動作環境

  • OS
    • Windows 10
    • Windows 8.1
    • Windows 7
  • 必須ソフトウェア
    • .NET Framework 4.6以降

 

ヘルプ

  • ヘルプ
    勤務時間取得ツールの使用方法。

 

ライセンス登録

勤務時間取得ツールは、ご利用の用途によってライセンス登録が必要となります。
詳細は、ライセンスについてを参照ください。
 
 

よくある質問(FAQ)

勤務時間取得ツールに対して良くある質問集はこちら。
よくある質問
 
 

関連記事