勤務時間取得ツール

「勤務時間取得ツール」は、Windowsのイベントログ情報からおおよその出勤時間、退勤時間を表示するフリーソフトウェアです。

イベントログから取得した出勤、退勤時間と、設定した休憩時間より実動時間、残業時間を計算し表示することができます。
 

勤務時間取得ツール

イベントログから取得したおおよその勤務時間

 

主な特徴

 

  • 勤務表簡単作成

    データは勤務表としてMicrosoft Excelに出力できるため、勤務表作成の煩わしい作業時間の短縮にも繋がります。
    また、Excel以外にもCSV、XMLファイルとしても保存ができます。
     

  • 長時間労働の防止に

    ツール起動するだけで、前日までの残業時間を即確認できるため、早期に残業超過を把握できます。
    働き方改革への取り組みとしても活用できます。
     

  • タイムカードの代わりに

    近年増加しているテレワークや出張先など、タイムカードが無い職場でも簡単に勤務時間を確認できます。
    また、タイムカードと併用して、打刻を忘れてしまった場合の勤務時間エビデンスとしても活用できます。
     

  • 出退勤時のアプリケーション起動が不要

    Windowsのイベントログから、PCの起動時間を取得するため、特別な操作は不要です。
    出勤/退勤の際、アプリの起動や、打刻操作など必要ありません。
    また、アプリの常駐も不要なため、CPU、メモリなどリソースを消費しません。
     

 

勤務時間取得ツール Excelにエクスポート

Excelファイルに出力することも可能

 

設定画面。 休憩時間、所定労働時間を指定することにより、実働時間、残業時間を求めることができます。

設定画面。
休憩時間、所定労働時間を指定することにより、実働時間、残業時間を求めることができます。

 

ダウンロード

バージョン 公開日 サイズ zipファイル DL数
3.1.1 2018/10/28 789KB 勤務時間取得ツール 348
3.1.0 2018/7/23 776KB 勤務時間取得ツール 808
3.0.2 2018/6/2 1,292KB 勤務時間取得ツール 308
3.0.1 2018/4/16 708KB 勤務時間取得ツール 629
3.0.0 2018/4/5 682KB 勤務時間取得ツール 221
2.4.3 2017/10/17 602KB 勤務時間取得ツール 1208
2.4.2 2017/7/7 579KB 勤務時間取得ツール 905
2.4.1.1 2017/2/28 579KB 勤務時間取得ツール 1230
2.4.1 2017/1/29 579KB 勤務時間取得ツール 321
2.4.0 2016/11/9 579KB 勤務時間取得ツール 539
2.3.3 2016/3/6 574KB 勤務時間取得ツール 1839
2.3.2 2015/12/27 573KB 勤務時間取得ツール 495
2.3.1 2015/4/17 571KB 勤務時間取得ツール 1965




 

更新履歴

 
 

動作環境

  • OS
    • Windows 10
    • Windows 8.1
    • Windows 7
  • 必須ソフトウェア
    • .NET Framework 4.6以降

ヘルプ

  • ヘルプ
    勤務時間取得ツールの使用方法。

ライセンス登録

勤務時間取得ツールは、ご利用の用途によってライセンス登録が必要となります。
詳細はヘルプを参照ください。

 

よくある質問(FAQ)

 

ヘルプ(chmファイル)が開けません
Q:
ヘルプファイル(chmファイル)を開けません

A:
以下のいずれかの対処を行ってください。

  • 共有フォルダなど、ネットワーク環境上にある場合、ローカルPC上にコピーして開き直してください。
  • セキュリティ警告のダイアログが表示される場合、[この種類のファイルであれば常に警告する]チェックボックスをオフにして開いてください。
  • chmファイルを右クリックし、プロパティダイアログを開いたとき、[ブロックの解除]ボタンが表示されている場合、このボタンを押下してください。
  • chmファイルを右クリックし、プロパティダイアログを開いたとき、セキュリティ欄に「許可する」チェックボックスが表示されている場合、ここを有効にしてください。
    chmヘルプ

 

また、ヘルプは以下にも公開しています。
https://www.osadasoft.com/help/

 
 

リモート接続できません
Q:
リモート接続することができません。

A:
勤務時間取得ツールは、他のPCのイベントログを読み込み、そのPCの起動時間(出退勤時間)を取得することができます。
他のWindowsマシンにリモート接続するためには、予め接続先Windowsで”Remote Registry”サービスを起動しておく必要があります。
詳細は、ヘルプ記事を参照ください。

 

また、以下の操作ができることも確認してください。

  1. Windowsのイベントビューアーを開く
  2. 画面左側ツリーの「イベントビューアー(ローカル)」を右クリックし「別のコンピューターへ接続」メニュー選択。
  3. 「コンピューターの選択」ダイアログが表示されるので、ここで「別のコンピューター」を指定し接続。

※勤務時間取得ツールのリモート接続は同様の機能を使用しているため、上記、接続ができるか試してください。

休みのチェックボックスが表示されません
Q:
勤務時間一覧の「休」列にチェックボックスが表示されず、休日を設定することができません。
勤務時間取得ツールのチェックボックス

  

A:
ディスプレイの設定次第(サイズが100%以外など)で、チェックボックスが消える場合があります。
その場合、勤務時間取得ツールの[設定]タブ内にある「行の高さ自動調整」チェックをOFFにしてみてください。

  

 

関連記事

その他

  • カスタマイズ
    機能カスタマイズ依頼は有償(バグ修正は無償)で受け付けています。
    依頼はお問い合わせフォームからお願いします。

  • ソースコード販売
    自分でカスタマイズしたい方に向け、このソフトのソースコードを販売しています。