Tagged: WSH

以前、WSH JScriptでExcel操作で、
Excelブックを新規作成して、セルを編集して、ファイルに書き込むまでのサンプルを紹介しましたが、
今回は、保存済みのExcelを読み込み、任意のセルを読み取る処理。

 
覚え書き程度ということで、いきなりソース。
(さらに…)

WSHを使用した、Excel操作の備忘録。
 

新規Excelブックを作成し、セルB2に、現在日時を表示し、保存するまでの処理。

WSHでExcel操作

 

前に、C#からの操作を紹介したけど、これの簡易版。
[C#] プログラムからExcelファイルを読み書きする方法

 
(さらに…)

スタートアップメニューにショートカットを登録

Windows起動時にアプリを起動させたい場合、スタートアップメニューにアプリを登録することは良くあると思う。

でも、Windows 10や8.1などでは、スタートアップメニューへの登録方法が面倒というか分かりにくく、自作ソフトでもたまに問い合わせが来る。

インストーラでスタートアップに登録すれば確実なんだけど、フリーソフトでインストーラとかは嫌がられる場合も多く、作る手間も掛かる。

そんな訳で、アプリケーション側で、自分自身のショートカットをスタートアップメニューに登録する方法を調べてみた。

 
 

まずは、スタートメニューのフォルダを調べる方法。

// 特殊ディレクトリ(スタートアップ)のパスを取得する
Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.StartMenu)

Stringの値が返される。
例)C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu

 
 

そして、アプリ自身のexeファイル名の取得方法。

Path.GetFileName(Application.ExecutablePath)

Stringの値が返される。
例)sampleApl.EXE

 
 

あとは、exeのショートカットをスタートメニューのフォルダにコピーするだけ。

・・・。

あれ、どうやらC#やVB.NETではファイルのショートカットを作る機能が無いっぽい。

 

そういえば、前も似たようなことをやった記憶が。。

そうだ、これだ。
[C#] 送るメニューにショートカットを登録/解除する方法

この時も、ショートカット作成に苦労した。

なので、ショートカットの作成は、上記記事の「方法4」を流用し、WSH(Windows Script Host)でショートカットを作成する。
いろいろ方法があるので、詳しくは上記記事を参照。
(さらに…)

エクスプローラーなどでファイルを右クリックしたときに出てくる「送る」メニュー。
この送るメニューにアプリケーションを登録しておくと、選択したファイルの情報を
アプリケーションに渡して起動できるため、使い方によっては便利な機能。
01
例えば、logファイルを”メモ帳”に送って起動するといったことができる。

(さらに…)