Tagged: テスト

ちょっと画面操作を自動化したい!なんてときに使えそうな「SikuliX」というGUI自動化ツールを紹介。

Sikuli Xを使うと、GUIの操作を簡単にスクリプト化し、自動再生することができる。
最近では、この手のツールをRPAツールと呼ぶらしいけど。

自動化することによって、画面のリグレッションテストなどに使える。
Sikuli

自動化するにあたり、最近流行の人工知能を使ってみたいところだけど、今のところそんな夢のようなツールは無い。
AIは飛躍しすぎだけど、RPA(Robotic Process Automation)として、候補にあがる有用なツールです。

 

他にもGUI操作を自動化するツールとして、Seleniumや、IeUnit、Watir、Marathonとか色々あるけど、SikuliはOCRのような感じで画像認識しながら動作するところが凄い。

画像認識するので、例えばSeleniumのようにWebに限ったり、属性名が無い部品やFlashを使ったWebページに対しても自動化が可能。
更に画像判定で動くためWebに限らず、WindowsのGUIアプリでも自動化することができる。
また、ベースはJavaで作られているため、LinuxやMacでも動くらしい。

 

スクリプトの作成は、専用の開発環境(Sikuli IDE)があるため割と簡単で、操作したい対象の部分のイメージを採取し、そのイメージに対する操作(関数)を指定する。

例えば、ごみ箱をダブルクリックしたい場合は、”dobleClick(画像)” とコーディングする。

↓こんな感じ。
ごみ箱をダブルクリック

 

開発言語は、jython(python)や、Ruby(JRuby)が使える。
あと、Sikuliは現時点で日本語版は無く英語版のみ。

ちなみに、私はPythonとかRubyとか使ったことがなく、英語も大嫌いだけど難なく使うことが出来た。

[Sikuli Script]
http://www.sikuli.org/

 

何はともあれ実際にSikuliXを使ってみる。

 
(さらに…)