[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(63号)

前回に続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第63号「エキゾーストパイプを取り付ける」に挑戦。

週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(63号)

デアゴスティーニ週刊マクラーレン第63号
デアゴスティーニ週刊マクラーレン第63号。

63号の中身
63号の中身は以下のような構成となっている。

  • セナストーリー
    40回目の勝利

  • マクラーレンホンダMP4/4の軌跡
    第15戦:日本GP Part2 プロスト、3番手に留まる

  • セナワールド
    エディ・アーバイン

  • セナの歴代F1マシン
    マクラーレンMP4/8 Part 5 テストカーMP4/8B

エキゾーストパイプを取り付け
エキゾーストパイプを取り付ける

63号のパーツ
63号のパーツ。
エレクトリックシステムパーツA,B-1,B-2,B-3,B-4,B-5,B-6、CDIユニット、テレメーターユニット、ワイヤーB(Φ0.56×300mm),C(Φ0.8×600mm),D(Φ0.9×300mm)

アンダーパネル(前)、モノコックボトムプレート(後)など
56号のアンダーパネル(前)とモノコックボトムプレート(後)、61号で組み立てたメインボディ、ビスG×2、ビスJ×2を用意。

アンダーパネル(前)の裏側の穴2カ所をつまようじで少し穴を開ける
アンダーパネル(前)の裏側の穴2カ所をつまようじで少し穴を開ける。

表側から穴を確認
表側から穴を確認する。

表側から穴を更に開ける
表側から穴を更に開ける。

メインボディにモノコックボトムプレート(後)を組み合わせ
メインボディにモノコックボトムプレート(後)を組み合わせ。

更にアンダーパネル前を組み合わせ
更にアンダーパネル前を組み合わせ。

アンダーパネルを押さえながら、ビス穴2カ所にビスGを締める
アンダーパネルを押さえながら、ビス穴2カ所にビスGを締める。

アンダーパネルのビス穴にビスJを締める
アンダーパネルのビス穴にビスJを締める。

メインボディにモノコックボトムプレート(後)、アンダーパネル(前)が仮留め
これでメインボディにモノコックボトムプレート(後)、アンダーパネル(前)が仮留めされた。

ターボチャージャー(左、右)と、エキゾーストパイプ(左前、右前)
58号59号で組み立てたターボチャージャー(左、右)と、62号で組み立てたエキゾーストパイプ(左前、右前)を用意。

エンジンブロック左側面の穴に、エキゾーストパイプ(左前)の突起を合わせ仮組み
エンジンブロック左側面の穴に、エキゾーストパイプ(左前)の突起を合わせ仮組み。

仮組みで確認後、瞬間接着剤を少量塗り組み合わせ1分程押さえる仮組みで確認後、瞬間接着剤を少量塗り組み合わせ1分程押さえる
仮組みで確認後、瞬間接着剤を少量塗り組み合わせ1分程押さえる。

エキゾーストパイプ(左前)と、ターボチャージャー、インタークーラーの組み合わせを確認
エキゾーストパイプ(左前)と、ターボチャージャー、インタークーラーの組み合わせを確認する。

仮組み
仮組み。

赤い部分に瞬間接着剤を塗っておく
赤い部分に瞬間接着剤を塗っておく。

仮組み時同様に組み合わせ
仮組み時同様に組み合わせ。

反対側も同様に組み合わせ
反対側も同様に組み合わせる。

両方取り付け
両方取り付けたところ。

49号のアンダーパネル(後)、62号のエキゾーストパイプ(左後内、左後外、右後外)、ビスJ×2本を用意
49号のアンダーパネル(後)、62号のエキゾーストパイプ(左後内、左後外、右後外)、ビスJ×2本を用意。

つまようじで少し穴を開ける
アンダーパネル(後)のビス穴がシルバーラベルでふさがっているため、つまようじで少し穴を開ける。

裏返して穴を開ける
裏返して穴を開ける。

エキゾーストパイプ(左後内)の先を、アンダーパネル(後)のテールパイプエンドプレートの穴に組み合わせ
エキゾーストパイプ(左後内)の先を、アンダーパネル(後)のテールパイプエンドプレートの穴に組み合わせ。

組み合わせ
組み合わせ。

4cmぐらいにカットしたマスキングテープで仮留め
4cmぐらいにカットしたマスキングテープで仮留め。

エキゾーストパイプ(左前)と、エキゾーストパイプ(左後内)を合わせ、アンダーパネル(前、後)を仮組み
エキゾーストパイプ(左前)と、エキゾーストパイプ(左後内)を合わせ、アンダーパネル(前、後)を仮組み。

仮組みで接着面を確認
仮組みで接着面を確認。

仮組みを外して、今度は瞬間接着剤を少量塗る
仮組みを外して、今度は瞬間接着剤を少量塗る。

仮組み時のように組み合わせ1分ほどおさえておく
仮組み時のように組み合わせ1分ほどおさえておく。

反対側も同様に
反対側も同様に。

裏返して、ビスJで締める
裏返して、ビスJで締める。

これで63号の組み立て完了
これで63号の組み立て完了。

今回組み立てたパーツ
今回組み立てたパーツ。
これで63号まで完成。残りあと7号!

保管用パーツ
保管用パーツ。

デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第63号 デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第63号
OsadaSoft

全力通販で探す
週刊マクラーレン ホンダ MP4/4

 
 
 

その他関連記事はこちら。
デアゴスティーニ マクラーレンMP4/4

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号
11号12号13号14号15号16号17号18号19号20号
21号22号23号24号25号26号27号28号29号30号
31号32号33号34号35号36号37号38号39号40号
41号42号43号44号45号46号47号48号49号50号
51号52号53号54号55号56号57号58号59号60号
61号62号63号64号65号66号67号68号69号70号

 
 
 


Tagged:

2 Comments

  1. みや子 2月 19, 2014 1:45 am  返信

    17号の頃にコメントした者です。
    一足先に、無事完成させることが出来ました。
    60号あたりまではこのブログ記事を見ながら製作していました。
    この号で取り付けた、ターボチャージャーに後でステッカーを貼る作業があるのですが、どうも本の説明だと天地が逆になっているようです。
    私は見事に逆に貼ってしまいました・・・
    予備もあるんですが完成すると見えない部分なので、今のところ放置しています。
    剥がす時にパーツの接着が取れてしまいそうで・・・

    あと7号、頑張って下さい。
    私は完成後に、マルボロのロゴを入れました。

  2. osada 2月 19, 2014 7:32 am  返信

    コメントどうもです。^_^;
    最近、何かと忙しくブログ更新が追いついていませんが、
    今、70号を作っている最中です。
    Marlboroなどのロゴも購入済みですが、まだこれからといったところです。
    次号のステッカー天地逆はおぼえていませんが、確認しながらブログ書いてみます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*