[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(66号)

前回に続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第66号「エレクトリックシステムパーツを組み立てる」に挑戦。

デアゴスティーニの週刊マクラーレン第66号「エレクトリックシステムパーツを組み立てる」

デアゴスティーニの週刊マクラーレン第66号「エレクトリックシステムパーツを組み立てる」
デアゴスティーニ週刊マクラーレン第66号。

66号の中身
66号の中身は以下のような構成となっている。

  • セナストーリー
    暗黒の2日間

  • マクラーレンホンダMP4/4の軌跡
    第15戦:日本GP Part5 初タイトルを獲得

  • セナワールド
    ミハエル・シューマッハー

  • セナの歴代F1マシン
    ウイリアムズFW16 Part2 絶え間ない改良

エレクトリックシステムパーツを組み立てる
エレクトリックシステムパーツを組み立てる

66号のパーツ
66号のパーツ。
ステアリング、シート、ワイヤーE(Φ1.0×400mm)、クリアワイヤー(Φ0.9×130mm)

インストルメントパネルラベル
65号のインストルメントパネルラベルを用意。

⑲RADIO、⑳BOOSTを切り抜く
⑲RADIO、⑳BOOSTを切り抜く。

ステアリング
ステアリングの左側赤ボタン付近に⑲RADIO、右側緑ボタン付近に⑳BOOSTを貼り付ける。

エレクトリックシステムパーツ
63号のエレクトリックシステムパーツB-1、B-2、B-3、B-4、B-5、B-6を用意。

エレクトリックシステムパーツ
エレクトリックシステムパーツB-1とB-2を仮組みし、接着面を確認しておく。

仮組み
仮組み。

エレクトリックシステムパーツ
左側面にエレクトリックシステムパーツB-3も仮組み。

エレクトリックシステムパーツ
仮組みをバラし、今度はプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗る。

エレクトリックシステムパーツ
側面にもプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗る。

エレクトリックシステムパーツ

エレクトリックシステムパーツ
エレクトリックシステムパーツB-3を組み合わせ、2~3分押さえておく。

エレクトリックシステムパーツ
エレクトリックシステムパーツB-4も同様にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り、組み合わせて2~3分押さえておく。

エレクトリックシステムパーツ
エレクトリックシステムパーツB-2の穴と、B-5の突起部分合わせながら仮組み。

エレクトリックシステムパーツ
さらにエレクトリックシステムパーツB-2の穴にB-6の突起部分を合わせ仮組み。

エレクトリックシステムパーツ
仮組みで接着面を確認後、バラしてプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り、組み合わせて2~3分押さえておく。

エンジンブロック
64号のエンジンブロックと、63号のテレメーターユニット、ワイヤーC、57号のランナーパーツのコネクター用意。

ランナーパーツからコネクターを切り離す
ランナーパーツからコネクターを切り離す。

ワイヤーC
ワイヤーCを70mmに切る。

ワイヤーC
ワイヤーC先端に瞬間接着剤を少量塗る。

先端にコネクターを差し込み
先端にコネクターを差し込み1分程度押さえる。

コネクター付ワイヤーCをエンジンブロック左側、カムカバーの上、フェーエルホースの下を通す
コネクター付ワイヤーCをエンジンブロック左側、カムカバーの上、フェーエルホースの下を通す。

先端はオルタネーターベルトの手前で下に向け奥で消えるように曲げる
先端はオルタネーターベルトの手前で下に向け奥で消えるように曲げる。

ワイヤーC
ワイヤーCを50mm×2本、65mm×1本、75mm×1本にカット。

それぞれ先端に瞬間接着剤を少量塗り、テレメーターユニットの突起部分に差し込む
それぞれ先端に瞬間接着剤を少量塗り、テレメーターユニットの突起部分に差し込む。

エンジンブロックとテレメーターユニット
エンジンブロックとテレメーターユニット

バッテリーケーブル、CDIユニット、エレクトリックシステムパーツA、ワイヤーB、ワイヤーD
今度は、のバッテリーケーブル、63号のCDIユニット、エレクトリックシステムパーツA、ワイヤーB、ワイヤーDを用意。

バッテリーケーブル先端に瞬間接着剤を少量塗り、CDIユニットに差し込む
バッテリーケーブル先端に瞬間接着剤を少量塗り、CDIユニットに差し込む。

1分程度押さえてお
1分程度押さえておく。

ワイヤーBを25mm×2本、220mm×1本にカットし、先端に瞬間接着剤を少量塗り、エレクトリックシステムパーツAに取り付ける
ワイヤーBを25mm×2本、220mm×1本にカットし、先端に瞬間接着剤を少量塗り、エレクトリックシステムパーツAに取り付ける。

ワイヤーDを45mm×2本、76mm×2本にカットし、先端に瞬間接着剤を少量塗り、エレクトリックシステムパーツBに取り付ける
ワイヤーDを45mm×2本、76mm×2本にカットし、先端に瞬間接着剤を少量塗り、エレクトリックシステムパーツBに取り付ける。

取り付けたところ
それぞれ取り付けたところ。

今回組み立てたパーツ
今回組み立てたパーツ。
これで66号まで完成。残りあと4号!

デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第66号 デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第66号
OsadaSoft

全力通販で探す
週刊マクラーレン ホンダ MP4/4

 
 
 

その他関連記事はこちら。
デアゴスティーニ マクラーレンMP4/4

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号
11号12号13号14号15号16号17号18号19号20号
21号22号23号24号25号26号27号28号29号30号
31号32号33号34号35号36号37号38号39号40号
41号42号43号44号45号46号47号48号49号50号
51号52号53号54号55号56号57号58号59号60号
61号62号63号64号65号66号67号68号69号70号

 
 
 


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*