Webサービスを比較

くしけんで検索できるショップを増やしてみた。

今までの楽天、アマゾンに加え、電脳卸、ビッダーズ(アフィリエイト2.0)を追加。

それぞれのASPが公開しているWebサービス(REST)の仕様に違いがあり、これを1つにまとめるのが案外大変だった。
主な相違点を以下にまとめてみたので、これからこれらWebサービスを使おうとしている人は、ここら辺を踏まえて設計しましょう。

  楽天 Amazon 電脳卸(DWS1.0) bidders
1ページあたりの表示件数 30件 全カテゴリの場合:3件×カテゴリ数
カテゴリ指定の場合:10件
10件 50件
検索最大ページ数 無制限? 100 無制限? 1
画像サイズ 中、小 大、中、小 大、中、小
商品情報 あり あり あり なし
ソート機能 9種類 カテゴリ,国ごと異なる
詳細
2種類 12種類(6×2)
カテゴリ ジャンル検索APIで取得可能 国ごと異なる
日本は19種類
存在するらしいが不明 第一カテゴリ38種類
第二カテゴリを含めると約6000種類

特徴:

楽天Webサービス

画像サイズに「大」が無いのは個人的には不満だが、これらWebサービスの中では一番使い易い。
商品の数も桁違いでレスポンスも早くお勧め。

アマゾンWebサービス

カテゴリごとにソート名が異なり、カテゴリ無指定(全検索)の場合、ソート指定ができないのでかなり作り込むのに厄介。
ドキュメントも殆どが英語で扱い方もこれらWebサービスの中で一番難しい。
しかし、本格的にAPIを使用したい人にはお勧め。

電脳卸Webサービス(DWS1.0)

ドキュメントなどの情報が少なく、あまりAPIに力を入れていない様子だが比較的簡単なWebサービスで扱い易い。
少々トラブルで繋がらないときが多いような気もする。
また、妥当でないXMLが返され、C#やPHPで処理できない場合があるので少々不満。


<2007.9.28追記>
2007/8/23 DWS2.0にバージョンアップしました。
リクエストURL,REST結果など殆どの仕様が変わっているようです。
まだ触り始めたばかりだけど、今のところ安定稼動かな。
</2007.9.28追記>

ビッダーズ(アフィリエイト2.0)

画像サイズが「大」しか取得できないので、検索結果一覧で画像表示させたい時に不便。
検索結果は1ページにすべて返される(ページングしない)ところが他のWebサービスと異なる。
カテゴリはこれでもかといったぐらいに数がある。
その他は癖も無くいい感じ。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*