WSH JScriptでExcel操作

WSHを使用した、Excel操作の備忘録。
 

新規Excelブックを作成し、セルB2に、現在日時を表示し、保存するまでの処理。

WSHでExcel操作

 

前に、C#からの操作を紹介したけど、これの簡易版。
[C#] プログラムからExcelファイルを読み書きする方法

 

sample.js

// Windows Script HostによるExcel操作

// オートメーション オブジェクトへの参照を有効化
var excel = new ActiveXObject("Excel.Application");

// 実行中にExcelを表示する
excel.Visible = true;

// 新規ブック追加
var book = excel.Workbooks.Add();

// 1個目のワクシート
var sheet = book.Worksheets(1);

// 今日現在の日時取得
var today = new Date();
var now = today.getYear() + "/" + 
          (today.getMonth() + 1) + "/" + 
          today.getDate() + " " + 
          today.getHours() + ":" + 
          today.getMinutes() + ":" + 
          today.getSeconds();

// セルB2に現在日時を表示
sheet.Range( "B2" ).Value = now;

// FileSystemObject を使用し、カレントディレクトリ取得
var fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var curDir = fso.GetFolder(".").path;

// 保存先のフルパスファイル名を設定
var filename = curDir + "\\test.xlsx";

// Excelブックを保存
book.SaveAs(filename);

// メッセージ表示
WScript.Echo(filename + "\nに保存しました。");

// ブックを閉じる
book.Close();

// Excelを終了
excel.Quit();

Tagged: ,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*