ガンダムAR+ガンプラRG

Yahoo!がガンプラ30周年記念企画としてiPhone用アプリ「ガンダムAR」が公開された。
早速ダウンロードして使ってみた。
こちら、実際にアプリで撮影した写真。
左は、ガンプラ生誕30周年を記念し発売された「1/144 RG RX-78-2 ガンダム」。
右は「ガンダムAR」でAR(拡張現実)として追加されたシャアザク。
ガンダムAR+ガンプラRG


まずは、iPhoneの「ガンダムAR」をダウンロード。
ガンダムAR
インストール完了。
インストール完了
ガンダムAR起動。
起動
「マーカーAR起動」を選択するとカメラが起動される。
そこで、予め印刷したARマーカーを写してみる。
ARマーカー
認識されると「ARマーカーを検出しました。」「シャア専用ザク」ボタンが表示される。
ARマーカーを検出しました
するとシャアザクが写真に写り込む。
(リアルタイムでカメラ画面に写り込む訳ではない)
シャア専用ザク
ピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小可能。横回転も。
拡大
ARマーカーを検出しても、変な位置にシャアザクが表示される場合も。。
誤検出
ついでに一緒に写っているガンプラの記事も。
この間、東静岡のガンダムを見に行ったときにガンプラが欲しくなり、後日ネットで購入した。
箱
前に作ったマスターグレードのガンプラより、あきらかにパーツが多い。
パーツ
説明書。
説明書
足首だけで1時間。
足首
右足で2時間。
右足
だんだんシンドくなってきた。
両足
下半身完成。
下半身
胸部。
胸部
胴体。
胴体
右手。
右手
首なし。
首なし
スミ入れ前の頭部。
頭部
ただでさえパーツが多く面倒臭いのに、スミ入れしながら作っている。
ガンダムマーカー スミ入れ
ガンダムマーカー スミ入れ用
溝に沿って描いてみるが、はみ出したり太かったりするので、これでは逆にカッコ悪くなってしまう。
スミ入れ中
はみ出したところはティッシュでゴシゴシ拭きとる。
(ホントは別の方法があるようだが素人なんで勘弁)
ゴシゴシ
スミ入れ後。
スミ入れ後
スミ入れのbefore / after
before after
組み立て完了。
組み立て完了
シールを貼り付け、ビームサーベルを持たせ静岡仕様に。
静岡仕様
静岡仕様(横)
静岡仕様(後ろ)
コアファイターも作成。
コアファイター
変形開始。
変形1
変形2
変形3
変形4
変形完了
下半身とコアファイターのドッキング。
下半身合体
今度は上半身と合体。
上半身合体
合体完了。
合体完了
コックピットも閉めて完成。
41
リアル過ぎて結構面倒くさくなってきて、盾、ビームライフルとかは、
まだ作っていない。。
また気が向いたら作ってみよう。

 バンダイ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム バンダイ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム
 バンダイ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム
RG 1/144 RX-78-2 ガンダムRG 1/144 RX-78-2 ガンダム
RG 1/144 RX-78-2 ガンダム
RG 1/144 RX-78-2 ガンダム [プラモデル]RG 1/144 RX-78-2 ガンダム [プラモデル]
RG 1/144 RX-78-2 ガンダム [プラモデル]
osadasoft


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*