ドン・キホーテの激安5,980円(税別)の7インチAndroidタブレットを買ってみた

ドン・キホーテで11/5から売り出された「カンタンPad」。
あまりに安かったので、ついつい衝動買いしてしまった。
ドン・キホーテの「カンタンPad」

 

[初心者でもカンタン 7インチタブレット「カンタンPad」が新発売]
http://www.donki.com/shared/pdf/news/co_news/1799/jonetsukakaku_kantanpad_YHvys.pdf

 

値段は、税込6,458円(税別5,980円)
税込6,458円(税別5,980円)

 

付属品。
ACアダプター、USBケーブル、HDMIケーブルなど。
付属品

 

感嘆パッド?
HDMIケーブルでテレビにも映せると。
感嘆パッド

 

・動画や本を楽しむ
・ネットショッピングを楽しむ
・ゲームや音楽を楽しむ
・インターネットやSNSを楽しむ
が、売りのようだ。
売り
 

安くて衝動買いしてしまったけど、何に使うか全く考えていなかった。
とりあえず、Android勉強用としてかな。

 

早速充電。
充電

 

クイックガイド。
クイックガイド
クイックガイド

 

今まで、iPad、iPod、iPhoneとiOS端末は散々触ってきたけど、Androidは初。
iOS

 

使い方分からないけど、カンタンPadということで、とりあえず起動してみる。
起動

 

あ、日時がズレてる。
直そうと思ったら、その後(Wi-Fi接続後?)、勝手に直っていた。
日時

 

ホーム画面。
ホーム画面

 

カンタンPad用にデカいカテゴライズされたメニューが並んでる。
ホーム画面

 

ちなみに、Androidの画面スクリーンショットが分からず、少し調べてしまった。
Androidの場合、機種ごとに操作方法が違うんだね。そんなことも知らなかった。。
このカンタンPadの場合は、画面下のメニュー?にある中央のボタンがスクリーンショット。
Androidの画面スクリーンショット

 

あと、アプリのダウンロード方法が分からなくて少しハマった。
説明書を見ると「設定」→「ディスプレイ」→「アプリのダウンロード」をチェックする必要があると。
アプリのダウンロード

カンタンにするため、非表示にしているのかな?
逆に悩んでしまった。

 

これで「Playストア」が表示され、アプリのダウンロードができるようになった。
なんか、ホント初歩的なところでハマってるなぁ。
Playストア

 

外観(裏側)
外観(裏側)

 

外貨(表側)。
外貨(表側)

 

製品仕様
製品仕様

製品型番 RM-AT701-BKOR
RAM 512MB
ROM 4GB
外部記憶 microSDカード(32GBまで対応)
無線LAN 802.11 b/g/n
OS Android 4.4
インターフェース 3.5mmイヤホンジャック
USB端子、HDMI端子(TypeC)
microSDカードスロット
ディスプレイ 7インチ タッチスクリーン デジタルTFT液晶
液晶 解像度:800pix × 480pix
タッチ方式 静電式
加速度センサー
音声入出力 入力:内臓マイク
出力:内臓スピーカ、イヤホン
カメラ フロントカメラ(30万画素)
使用時間 最大約3時間
充電時間 約3時間(ACアダプター充電)
電源、バッテリー ACアダプター、リチウムイオン充電池
外形寸法 192mm × 117mm × 10.9mm
重量 330g
付属品 HDMIケーブル/ACアダプター/USBケーブル/OTGケーブル/クイックガイド(保証書付)

少し使ってみて気付いたこと。
・低スペックのためか、画面スクロールする際など引っ掛かり感が少しある。
・バッテリーが3時間しかもたない。スリープモードにしておいても、バッテリーの減りが早い。
それ以外は値段相応といった感じ。

でも、この値段でこれだけ使えれば上等だ。

 
 

おまけで、iPhone6 Plusとの大きさ比較。
縦

横


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*