真犯人、写真のEXIF情報から撮影位置情報がバレる!?

PC遠隔操作事件の真犯人が「ミスしました」とメール送付してきたらしい。

信憑性はどうかわからないけど、iPhoneで撮影した写真に付いているEXIF情報から撮影位置がバレた?
でも、これってフェイクなんじゃないの?
これほどの事件を犯した人物が、こんな初歩的な痕跡を残す筈がない。きっと。
追い詰められ、かく乱しようとしたのか、遊んでいるのか、本当に凡ミスなのか?

最近のスマホや、GPS機能付きデジカメで撮った写真は設定次第で位置情報が付加されているので、みなさんネットで利用するときは注意しましょう。
私が作成したフリーソフト「画像位置情報取得ツール」でも位置情報の有無を確認できます。
気になる方はお試しを。

位置情報は、使い方を間違えなければ便利で良い機能だと思います。
いつ、どこで撮った写真なのか?
このラーメン、どこの店だっけ?
旅のログとして利用したり、想い出の拡張情報として。
とか、いろいろ。

自分の場合、今年から挑戦した東海道ウォーキングも位置情報付きで撮影しています。
画像位置情報取得ツール
画像位置情報取得ツール」で撮影場所を確認。
日本橋~平塚までの写真。

危険性を良く理解した上で、安全な範囲で有効に活用すればよいと思います。
そんな訳で、自分は、今年GPS機能搭載のデジカメを購入しました。
あと、先日購入したVAIO Duo 11も、カスタマイズで、フロント/リヤカメラと、GPS機能を付けました。
そのうち、GPS機能を利用したWindowsストアアプリケーションなんかも作ってみたい。
自分のスキルで出来そうないいネタがまだ無いけど。。


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*