[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(21号)

前回に続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第21号「フロントサスペンションを組み立てる①」に挑戦。
01


02
デアゴスティーニ週刊マクラーレン第21号。
03
21号の中身は以下のような構成となっている。

  • セナストーリー
    マンセルとクラッシュ
  • マクラーレンホンダMP4/4の軌跡
    第5戦:カナダGP Part3 シーズン5度目のポールポジション
  • セナワールド
    ニキ・ラウダ
  • セナの歴代F1マシン
    ロータス97T Part5:信頼性

04
フロントサスペンションを組み立てる
05
21号のパーツ。
モノコックインナープレート、サスペンションサポート、ショックスプリング(前)、ショクアブソーバー(左側)、サスペンションジョイント(左前)、サスペンションリンケージ、ビスF(3.0×35C-M BK)×2、ビスG(2.0×6P-TP BK)×2、ビスH(2.0×12P-M BK)×3、ビスJ(1.4×6P-M BK)×14、ビスL(1.4×8P-M SiL)×2、ワッシャーA(1.5×3.0×0.3 BK)×3
と、今回は細かいのが沢山。無くならないよう注意せねば。
06
まずは、くっついていたモノコックインナープレートを分割する。
07
分割。
08
赤斜線部分にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗る。
09
直ぐに乾くので素早く、はみ出さないよう気を付けて塗る。
10
分割前と同じ状態に組み合わせ、接着剤が乾くまで2~3分おさえる。
11
赤丸部分10箇所にビスJを締める。
12
ビスは締めすぎないように。
13
ショックアブソーバー(左前)と、ショックスプリング(前)を組み合わせる。
14
15
ショックアブソーバー(左前)の青丸で示したビス穴に、サスペンションサポート(左前)の青丸で示した部分を組み合わせ。
16
組み合わせたら、今度はビス穴にビスLを差し込む。
17
プラスドライバーで締める。
18
締めすぎ注意。
19
今度は反対側。
ショックアブソーバー(左前)下面にサスペンションジョイント(左前)の突起部分を差し込む(仮組み)。
20
こんな感じに差し込む(仮組み)。
21
接着面に付いている塗装をカッターの刃の無い方で削っておく。
22
接着剤を塗る。
23
組み立て、乾くまで2~3分おさえ、その後1時間ぐらい完全に乾くまで置いておく。
24
19号で組み立てたサイドポンツーン(右)とラジエター(右・外)を用意。
25
サイドポンツーン(右)に、ラジエター(右・外)を仮組み。
26
仮組み。
27
仮組みを外し、マスキングテープを用意しておく。
28
ラジエター(右・外)の接着面の塗装を削っておく。
29
接着剤を塗る。
30
仮組みのときのように、サイドポンツーン(右)とラジエター(右・外)を組み合わせ、2~3分押さえて置く。
マスキングテープも貼り付け、1時間程度乾かす。
31
20号で組み立てたインタークーラー(右)を用意。
32
サイドポンツーン(右)にインタークーラー(右)を仮組みする。
33
仮組みで位置を確認しておく。
34
側面の三箇所に瞬間接着剤を少量塗る。反対側も。
35
乾く前に仮組み同様に組み立てて1分ぐらいおさえる。
36
これで21号は完成。
37
21号で組み立てたパーツ。
38
余ったビスやパーツは無くさないよう保管。
これで21号まで完成。残りあと49号!

デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第21号 デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第21号
OsadaSoft


全力通販で探す
週刊マクラーレン ホンダ MP4/4

 
 
 

その他関連記事はこちら。
デアゴスティーニ マクラーレンMP4/4

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号
11号12号13号14号15号16号17号18号19号20号
21号22号23号24号25号26号27号28号29号30号
31号32号33号34号35号36号37号38号39号40号
41号42号43号44号45号46号47号48号49号50号
51号52号53号54号55号56号57号58号59号60号
61号62号63号64号65号66号67号68号69号70号

 
 
 


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*