[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(67号)

前回に続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第67号「インストルメントパネルを組み立てる」に挑戦。

デアゴスティーニ週刊マクラーレン第67号

デアゴスティーニ週刊マクラーレン第67号
デアゴスティーニ週刊マクラーレン第67号。

67号の中身
67号の中身は以下のような構成となっている。

  • セナストーリー
    セナの最後の日

  • マクラーレンホンダMP4/4の軌跡
    第16戦:オーストラリアGP Part1 チャンピオンレース

  • セナワールド
    デイモン・ヒル

  • セナの歴代F1マシン
    ウイリアムズFW16 Part3 ルノーRS6 V10エンジン

インストルメントパネルを組み立てる
インストルメントパネルを組み立てる

67号のパーツ
67号のパーツ。
トップボディ(後A、後B)、トップボディラベルA、トップボディラベルB

インストルメントパネル(後、前)、データレジストボタン(緑、黒)、消火器ボタン、ブレーキバランスアジャスター、スイッチ(2P)、ラジオコントロールスイッチ、スイッチ(3P)、ミクスチャー/ブーストコントロールと、インストルメントパネルラベル
64号のインストルメントパネル(後、前)、データレジストボタン(緑、黒)、消火器ボタン、ブレーキバランスアジャスター、スイッチ(2P)、ラジオコントロールスイッチ、スイッチ(3P)、ミクスチャー/ブーストコントロールと、66号のインストルメントパネルラベルを用意。

ランナーパーツから書くパーツを切り離す
ランナーパーツから書くパーツを切り離す。

インストルメントパネル(後)の右側面にスイッチ(2P)を仮組み
インストルメントパネル(後)の右側面にスイッチ(2P)を仮組みし接着面を確認しておく。

インストルメントパネル(後)の右側面にスイッチ(2P)を仮組み
仮組み。

接着面にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を少量塗る
接着面にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を少量塗る。

仮組み時同様に組み合わせ
仮組み時同様に組み合わせ、2~3分押さえる。

インストルメントパネル(後)の裏面に、インストルメントパネル(前)を仮組み
インストルメントパネル(後)の裏面に、インストルメントパネル(前)を仮組みし、接着面を確認しておく。

接着面にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を少量塗る
接着面にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を少量塗る。

組み立て
組み立てたところ。

インストルメントパネル(後)の凹みにミクスチャー/ブーストコントロールの1つを仮組み
インストルメントパネル(後)の凹みにミクスチャー/ブーストコントロールの1つを仮組み。

仮組み
仮組み。

プラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り組み合わせ
仮組みを外し、プラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り組み合わせて2~3分押さえる。

インストルメントパネル(後)
同様に、インストルメントパネル(後)も。

インストルメントパネル(後)
仮組み確認後、プラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り組み合わせて2~3分押さえる。

データレジストボタン(緑)
データレジストボタン(緑)も同様に。

データレジストボタン(緑)
仮組み確認後、プラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り組み合わせて2~3分押さえる。

データレジストボタン(黒)
同様にデータレジストボタン(黒)も。

消火器ボタン
同様に消火器ボタンも。

ラジオコントロールスイッチの先端にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を少量塗り、組み合わせ
ラジオコントロールスイッチの先端にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を少量塗り、組み合わせ。

組み合わせ2~3分押さえる
組み合わせ2~3分押さえる。

ブレーキバランスアジャスター
ブレーキバランスアジャスターを用意。

(16)を切り取り貼り付ける
(16)を切り取り貼り付ける。

貼り付け
貼り付け。

インストルメントパネル(後)にインストルメントパネルラベルを貼る
インストルメントパネル(後)にインストルメントパネルラベルを貼る。

メインボディを用意
65号のメインボディを用意。

メインボディにブレーキバランスアジャスターを仮組みし、接着面を確認
メインボディにブレーキバランスアジャスターを仮組みし、接着面を確認。

プラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り組み合わせ
プラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り組み合わせ、2~3分押さえる。

ランナーパーツのデータディスプレイ
65号のランナーパーツのデータディスプレイを用意。

カット
裏返しパーツをカット。

インストルメントパネル(後)に、レブカウンターディスプレイを仮組みし、接着面を確認
インストルメントパネル(後)に、レブカウンターディスプレイを仮組みし、接着面を確認。

傷が付かないよう綿棒で1分ぐらい押さえつける
仮組みを外し、瞬間接着剤を少量塗り組み合わせ。
傷が付かないよう綿棒で1分ぐらい押さえつける。

データディスプレイも組み合わせ
同様に、データディスプレイも組み合わせ。

インストルメントパネル完成
インストルメントパネル完成。

67号で組み立てたパーツ
今回組み立てたパーツ。
これで67号まで完成。残りあと3号!

デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第67号 デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第67号
OsadaSoft

全力通販で探す
週刊マクラーレン ホンダ MP4/4

 
 
 

その他関連記事はこちら。
デアゴスティーニ マクラーレンMP4/4

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号
11号12号13号14号15号16号17号18号19号20号
21号22号23号24号25号26号27号28号29号30号
31号32号33号34号35号36号37号38号39号40号
41号42号43号44号45号46号47号48号49号50号
51号52号53号54号55号56号57号58号59号60号
61号62号63号64号65号66号67号68号69号70号

 
 
 


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*