[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(9号)

前回に引き続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第9号「左のフロントブレーキを組み立てる」に挑戦。
9号のパーツ
週刊マクラーレ第9号
デアゴスティーニ週刊マクラーレン第9号。
今回は久々に箱が厚い。


構成
9号の中身は以下のような構成となっている。

  • セナストーリー
    初ポイントを獲得
  • マクラーレンホンダMP4/4の軌跡
    第2戦:サンマリノGP Part4 セナ、トップを独走
  • セナワールド
    ラルフ・ファーマン
  • セナの歴代F1マシン
    マクラーレンMP4/4 Part9:フェラーリ&ベネトン
  • 組み立てガイド
    左のフロントブレーキを組み立てる

今回組み立てるパーツの位置
今回組み立てるパーツの位置。
左フロントブレーキ部分。
9号の付属パーツ
9号の付属パーツは、サイドカバー(左)、サイドポンツーン(左上、左下)
あれ、箱がぶ厚い割に、パートは3つしか無い。
今回は、簡単に終わりそう。(と、思ったらそうでもなかった)
組み立て開始。
ブレーキディスク、ブレーキキャリパー
と、いきなり9号のパーツは無視して、3号4号で組み立てたブレーキディスク、ブレーキキャリパー2つと、8号で組み立てたフロントアップライト(左)を用意する。
紙とマスキングテープ
あと、1cm×10cmに切り取った紙と、4cmと6cmのマスキングテープを用意。
フロントアップライト
仮組みとして、フロントアップライトの突起部分(赤矢印)の中央を通るように紙を重ね、4cmのマスキングテープで固定する。
ブレーキディスクを差し込む
今度はブレーキディスクを差し込む。
こんな感じ
こんな感じ
突起部分を合わせる
紙をブレーキディスクの形に合わせ軽く被せ、ブレーキキャリパーの穴(赤丸)とフロントアップライトの突起部分を合わせる。
仮組み
ブレーキキャリパーと、ブレーキディスクを紙ごと仮組みする。
ブレーキキャリパー
ブレーキキャリパー
反対側のブレーキキャリパーも仮組みする。
紙
紙がブレーキディスクに沿うような形にしておく。
そのまま
紙はそのまま。
接着剤を付ける
ブレーキキャリパーに接着剤を付ける。
ブレーキキャリパーをブレーキディスクに
ブレーキキャリパーをブレーキディスクに取り付ける。
平行に
青線が平行になるよう、3分ぐらい抑え込む。
反対側もくっつける
もう片方も同様にくっつける。
両方付けた
両方付けた状態。
マスキングテープ
6cmのマスキングテープを使用する。
乾かす
ブレーイキャリパーをくっつけ、1時間ほど乾かす。
剥がす
乾いたら、丁寧にマスキングテープを剥がす。
紙を破かないように注意
紙も破かない様に。
真ん中を切る
紙の真ん中をカッターナイフで切る。
他のパーツに傷を付けないよう注意。
紙を取る
紙を引っこ抜く。
取る
意外と簡単に取れる。
こんな感じ
こんな感じ。
これで9号は終わり。
9号で組み立てたパーツ
9号で組み立てたパーツ。
保管
結局、9号のパーツは一切触れず、8号までのパーツを組み立てただけ。
9号パーツは、そのまま何もせず保管。
あと、9号の組み立てガイドには、スミ入れの方法も記載されていたが、これはまた後ほどということで。。

デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4  10巻1括
デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4  10巻1括
osadasoft


全力通販で探す
週刊マクラーレン ホンダ MP4/4

 
 
 

その他関連記事はこちら。
デアゴスティーニ マクラーレンMP4/4

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号
11号12号13号14号15号16号17号18号19号20号
21号22号23号24号25号26号27号28号29号30号
31号32号33号34号35号36号37号38号39号40号
41号42号43号44号45号46号47号48号49号50号
51号52号53号54号55号56号57号58号59号60号
61号62号63号64号65号66号67号68号69号70号

 
 
 


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*