iPhoneとWindows接続時にエラーが発生する

iPhoneで撮った写真やビデオをバックアップするときにエラーが出てハマったので解決方法を覚え書き。

iPhoneで撮った写真や動画について、Googleフォトにもバックアップしていたので、ここ数年、PC&NASへのバックアップをサボっていた。
けど、Googleフォトの容量無制限無料バックアップが終了(高画質も対象)するということで、久々にPCにバックアップをしてみたらエラーとなってしまった。

いつも、Lightningケーブルで繋いで、エクスプローラでファイルコピーしていたけど、これがうまくいかない。

コピー途中に、エラーが発生する。

> 「ファイルまたはフォルダのコピー エラー
>  システムに接続されたデバイスが機能していません。」

 

一旦、USBを引っこ抜き再接続。
「フォト」アプリの起動と関連付けしてみるも今度は以下の問題が発生。

> 「問題が発生しました
>  デバイス上のアイテムにアクセスするときに問題が発生しました。
>  ロックを解除して、接続する通知を承諾しましたか?
>  deviceに写真またはビデオが含まれていることを確認してください。」

 

接続しているWindows10は信頼済みにしてあるけど、念のため、もう一度、信頼済み設定をしなおしてみるも挙動は変わらず。
(iPhone>設定>一般>リセット>位置情報とプライバシーをリセット)

他にも、いろいろ試してみる。

・iPhone再起動
・Windows10 再起動
・iPhoneのバックグラウンドプロセス全削除
・iPhoneケーブルの交換
・USB接続後、しばらく待ってみる
・iPhone側のロックを解除した状態でUSB接続

これらを試していると、たまに繋がる事がある。
でも、エラーが再発する。。

 

何度も繰り返しているうちに、以下の手順で接続成功することが分かった。

  1. iPhoneとWindows10を繋げる
     Lightningケーブル(USB)で接続

  2. iPhoneのロック解除
     Face IDや指紋認証等でロック画面を解除

  3. 1分程度待機
     エクスプローラで「Apple iPhone>Internal Strage>DCIM」が表示されれば接続完了。

でも、結局、特定のファイルにアクセスすると、すぐに接続が切れてしまう。
 

エクスプローラでのコピーを諦め、Windowsの「画像とビデオのインポート」機能を試してみる。

 

が、これもコピー失敗。

> IMG_*.JPGのインポート中に次のエラーが発生しました:
> デバイスに到達できません。

iPhoneから写真コピーするときは、iTunesとかiCloud経由で行うべきなのかな。

結局、あまり効率よくないけど、iCloud経由でバックアップしてみることにした。

iPhoneの写真をiCloud経由でWindowsにコピーする方法
 
 

 
 
 
 

<追記>
おまけ
 

その後、上記エラーについて、少し回避できる場合があったので追記。

iPhone側で以下の設定を行う。
設定>写真>元のフォーマットのまま

「自動」に設定した場合、写真、動画(HEIC、HECVファイル)をPCに転送する際、自動的にJPG、MOVファイルに変換してくれるらしいんだけど、「元のフォーマットのまま」にすると変換してくれない。
けど、エラーが出にくい。ような気がする。
 

このエラーはHEIC→JPG変換等で出ているのかな?
Windows側なのか、iOS側なのか分からないけどバグだよね。
いつか直るとは思うけど、待っていられないので頑張ってみる。
 

やっぱりエラーは出るんだけど、ここで
「再実行する」を選択して「続行」すると成功する。
 

結構頻発するんだけど、頑張ればコピーできる。

でもファイル数が多いと、大変。。

ということで、「画像とビデオのインポート」のエラーメッセージが表示された場合、勝手に「続行」ボタンを押すWSHスクリプトを作ってみた。
 

retry.vbs

Dim wdObj, obj, targetWin, cnt
Set wdObj = CreateObject("Word.Application")
set wshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

targetWin = "画像とビデオのインポート"

MsgBox "[" & targetWin & "]でエラーが発生したとき、「Alt」+「c」キーを押下します。" & VbCrLf & "実行中は操作しないでください。" & VbCrLf & + "[OK]を押すと監視を開始します。"

' アクティブ化
wshShell.AppActivate targetWin

Do
  cnt = 0
  For Each obj In wdObj.Tasks
    If obj.Name = targetWin Then
      cnt = cnt + 1
    End If
  Next
  Select Case cnt
    case 0
      MsgBox "終了しました。"
      Exit Do
    case 1
      '
    case 2
      wshShell.AppActivate targetWin
      wshShell.SendKeys "%c"    '「Alt」+「c」キー
      cnt = 0
    case else
      cnt = 0
  End Select
  WScript.Sleep(1000)
Loop
wdObj.Quit

使い方:
①メモ帳で上記ソースをコピペして、”retry.vbs”というファイルに保存
②画像のインポート実行
③”retry.vbs”をダブルクリックし実行

これで、エラー発生時に、勝手に「Alt」+「c」キー([続行]ボタン)を押してくれる。
インポートが全部終わり、「画像とビデオのインポート」画面が閉じられるまで監視を続け終了する。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*