Microsoft Power Automate Desktopで作成したフローを別のPCで実行する

先日、Microsoft製のRPAツール「Power Automate Desktop」で自動化フローを作成したけど、これが他のWindows 10 端末で実行できるか試してみた。

 

先日作成したフローはこちら。
Microsoft製RPAツール「Power Automate Desktop」でWeb操作の自動化

 
 

  1. Power Automate Desktopのインストール
    実際に動作させたい他のWindows10環境に、Microsoft Power Automate Desktopをインストール。

    参考:Microsoft製RPAツール「Power Automate Desktop」をインストールして簡単な自動化を試してみた
     

  2. 「Power Automate Desktop」起動
    起動すると、Microsoftアカウントでのサインインを求められるので、作成時のアカウントでサインイン。

     
     別アカウントで実行したい場合はこちら。
     ⇒Microsoft Power Automate Desktopで作成したフローのコピー
     

  3. フロー実行
    そのまま実行してみたら、エラーとなってしまった。
    Power Automate Desktopのフロー実行でエラー
     
    エラー詳細

    新しい Chrome を起動するアクション – エラーの詳細
    場所:サブフロー: Main、アクション: 新しい Chrome を起動する
    エラーメッセージ:Chrome を制御することができませんでした (内部エラーまたは通信エラー)。
    エラー詳細:
    種類 ‘Robin.WebAutomationCore.Browser.WebBrowserException’ の例外がスローされました。: Robin.Core.ActionException: Chrome を制御することができませんでした (内部エラーまたは通信エラー)。 —> Robin.WebAutomationCore.Browser.WebBrowserException: 種類 ‘Robin.WebAutomationCore.Browser.WebBrowserException’ の例外がスローされました。
    場所 Robin.WebAutomationCore.WebExtensionsBrowser.WebExtensionsBrowserLauncher.LaunchNew(ProcessWindowStyle processWindowStyle, String initialUrl)
    場所 Robin.Plugin.Chrome.Chrome.StartNew(ProcessWindowStyle processWindowStyle, String initialUrl)
    場所 Robin.Modules.WebAutomation.Actions.WebAutomationActions.LaunchNewChrome(Variant initialUrl, Variant chromeTabTitle, Variant chromeTabUrl, Variant dialogButtonToPress, Variant& webBrowserInstance, Int32 operation, Int32 windowState, Int32 attachMode, Boolean waitForWebPageToLoad, Int32 courseOfActionIfDialogAppears, Boolean clearCache, Boolean clearCookies)
    — 内部例外スタック トレースの終わり —
    場所 Robin.Modules.WebAutomation.Actions.LaunchChromeBase.Execute(ActionContext context)
    場所 Robin.Runtime.Engine.ActionRunner.RunAction(String action, Dictionary`2 inputArguments, Dictionary`2 outputArguments, IActionStatement statement)

     
    ⇒以下の設定を行う必要があった。
     1) [ツール]>[ブラウザー拡張機能]>[Google Chrome]メニューを実行。
      (他ブラウザの場合は、Microsoft Edge、Firefox)
      
     2) 「Microsoft Power Automate」拡張機能を有効化
      プラグイン自体が入っていない場合はインストール。
      インストール済みだった場合、「このアイテムを有効化」をクリック。
      
     

  4. 再実行
    これで、他PCでも動作することを確認できた。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*