[UiPath] 対象の画像を認識してダブルクリック

RPAツール「UiPath」のインストールから疎通動作確認までを試してみた
に続き、UiPath第二弾。

 

UiPath
 

前回は、メモ帳の起動をフルパス指定で起動していたけど、
今回は、ショートカットの画像を認識して起動させる方法をトライ。
ちょっとSikuliっぽく使ってみる。

 
メモ帳
このデスクトップにある「メモ帳」をダブルクリックし、起動することが今回の目的。
 
 


ということで、いきなり手順。

  1. UiPath Studioを起動
     

  2. 「Weblome to UiPath Studio」のダイアログが出たら「Continue Free」を選択。
    Weblome to UiPath Studio
    ライセンス未登録の場合は、このようなダイアログが出てくる。
    しばらく「Community Edition」で試用ということで上記を選択。
     

  3. 「Blank」を選択。
    空プロジェクト
    単にメモ帳起動を試すだけなので、空プロジェクトから作成する。
     

  4. 「New Blank Project」ダイアログで適当なNameを指定し[Create]ボタン押下。
    New Blank Project
     

  5. UiPath Studioの画面が表示される。
    メモ帳のショートカットに対してダブルクリックの操作をしたいので、左側のアクティビティの検索ボックスに「double click」と入力する。
    UiPath Studioの画面
     

  6. アクティビティのツリーに検索結果が表示されるので、その中の、「Avaliable>Ui Automation>Element>Mouse>Double Click」を右側のペイン(Mainタブ)にドラッグする。
    Avaliable>Ui Automation>Element>Mouse>Double Click
     

    すると、↓こんな感じで「Double Click」のアクティビティがMainのフローに追加される。
    「Double Click」のアクティビティ
     

  7. ダブルクリックする対象(メモ帳のショートカット)を指定するため、「Double Click」アクティビティ内の「Indicate on screen」をクリック。
    すると、UiPath Studioが消えるので、ダブルクリックの対象(メモ帳のショートカット)を範囲選択する。
    Indicate on screen
     

    Double Clickアクティビティ内に、ダブルクリック対象の画像が表示される。
    画像
     

    これで、今回の定義(メモ帳をダブルクリックで起動)は完了。
     

  8. 「Run」ボタンをクリックし実行確認。
    UiPath実行

 
とりあえず、画像認識によるダブルクリック起動は成功。

あぁ、まだまだ先が長いなー。
 
 
 
 


Tagged: ,

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*