Visual Studio 2013をインストールしてみた

Visual Studio 2013の正式版がリリースされたので早速インストールしてみた。
Visual Studio 2013

 

Visual Studio 2013
http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/visual-studio-2013
Visual Studio 2013

 

Visual Studio 2012アンインストール

と、Visual Studio 2013をインストールする前に、旧バージョンであるVisual Studio 2012をアンインストール。
一応、VS2013とVS2012はサイドバイサイドで、同じPCに共存できる筈なんだけどディスクを圧迫するし、今後はVS2013しか使うことは無さそうなのでVS2012は削除。
Visual Studio 2012アンインストール

 

Visual Studio 2013インストール

デスクトップ版のフリーソフト開発に使いたいので、Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows Desktopをダウンロード(無料)。
http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/downloads#d-2013-express
Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows Desktopをダウンロード

 

ちなみに、Visual Studio Professional 2013の価格は、6万円ぐらい。(アップグレード版が4万円弱)
全力通販で探す⇒Visual Studio Professional 2013

でもフリーソフト作るぐらいなら無料版(Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop)で十分。
 

インストール開始
インストール開始。
セットアップには、3.1GBが必要です。と。

 

インストール中
インストール中。

 

セットアップが正常に完了しました
セットアップ完了。

 

Visual Studio へのサインイン
起動するとVisual Studio へのサインインを促される。

 

Microsoftアカウント、パスワードを指定しサインイン
Microsoftアカウント、パスワードを指定しサインイン。

 

VS2013のIDE
これでVS2013のIDEが使える。

 

Hello World!作成

ついでに、簡単なデスクトップアプリを作ってみる。

[ファイル]→[新しいプロジェクト]メニュー
[ファイル]→[新しいプロジェクト]メニュー選択。

 

テンプレート>Visual C#>Windows
ダイアログが表示されるので、左側ツリーの[テンプレート>Visual C#>Windows]を選択し、
右側一覧から[Windowsフォームアプリケーション]を選択し[OK]押下。

 

Form1画面
Form1画面が1つだけあるプロジェクトが作成される。

 

[Button]をドラッグアンドドロップ
ツールボックスから[Button]をドラッグアンドドロップしForm1上に追加。

 

コード編集画面
追加した[button1]をダブルクリックし、コード編集画面へ。
button1_Clickが作成されているので、そのメソッド内に、
MessageBox.Show(“Hello World!”);
を入力。

 

ビルド&実行
[F5]キーでビルド&実行。
Form1画面が表示される。
ここで[button1]をクリック。

 

Hello World!
すると、[Hello World!]のダイアログボックスが表示される。

 

ここら辺は、昔からの使い方と全く一緒。
迷わず使えそうだ。

 

VS2012で作成したソリューションをVS2013で開いてみる

今度は、旧Visual StudioでコーディングしていたRSS速報をVS 2013で開いてみた。

ソリューションファイル
既存のソリューションファイル(*.sln)をダブルクリック。

 

VS2012からVS2013への移行
VS2012からVS2013への移行だからなのか、変換ウィザードのようなものは一切表示されず、普通にIDEが起動した。

 

ソリューションをリビルドし実行
試しに旧IDEで作成したソリューションをリビルドし実行してみたが、拍子抜けするぐらい普通に使えた。
# 問題が出なくてよかった。
Desktop版は、あまりVS2012から使用方法も変わっていないのかな?

 

これで、Visual Studio 2013と、Windows 8.1環境が整ったので、他の自作ソフトもこの開発環境でリビルドして動くか確認する予定。


1 comment

  1. ahhaan 7月 11, 2014 4:46 pm  返信

    VS2013の情報有り難うございます。2012プロジェクトから問題が全くないのは2012と2013は中身が同じで単なるアップデート版だからだと思います。
    バージョンアップ料を払わなければならないことに疑問を感じます。Win8.1アプリの作成をオプションにして欲しいです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*