[DeAGOSTINI]週刊マクラーレンホンダMP4/4に挑戦(55号)

前回に続き、デアゴスティーニの週刊マクラーレン第55号「水冷式オイルクーラーを組み立てる」に挑戦。

デアゴスティーニ週刊マクラーレン第55号

デアゴスティーニ週刊マクラーレン第55号
デアゴスティーニ週刊マクラーレン第55号。

55号の中身
55号の中身は以下のような構成となっている。

  • セナストーリー
    雨に狂わされた戦略

  • マクラーレンホンダMP4/4の軌跡
    第13戦:ポルトガルGP Part2 マクラーレンの復活

  • セナワールド
    ナイジェル・マンセル

  • セナの歴代F1マシン
    マクラーレンMP4/7 Part3 ホンダRA122Eエンジン

水冷式オイルクーラーを組み立てる
水冷式オイルクーラーを組み立てる

55号のパーツ
55号のパーツ。
水冷式オイルクーラー(外、内)、エンジンマウントプレート(右)、ジョイント(上、下)、ビスK(1.4×10P-M SiL)×2、ビスL(1.4×8P-M SiL)×2

水冷式オイルクーラーの接着面を確認のため仮組み
水冷式オイルクーラーの接着面を確認のため仮組み。

水冷式オイルクーラーにジョイント(上、下)を仮組み
水冷式オイルクーラーにジョイント(上、下)を仮組みする。

仮組みで接着面を確認
仮組みで接着面を確認しておく。

カッターの刃の無いところで削る
仮組みを外し、接着面をカッターの刃の無いところで削る。

水冷式オイルクーラー
水冷式オイルクーラーの赤枠部分(接着面)を削る。

水冷式オイルクーラー

水冷式オイルクーラー

水冷式オイルクーラー

削る
ココも削る。

ジョイント
ジョイント(上、下)も削る。

水冷式オイルクーラー
水冷式オイルクーラー(内)の接着面にプラモデル(スチロール樹脂)用接着剤を塗り繰り合わせ。

ジョイント
ジョイント(上、下)も組み合わせるため、側面の接着面も塗る。

接着後、2~3分押さえる
接着後、2~3分押さえる。

ギアボックスと、ラインラベルB
52号のギアボックスと、49号のラインラベルBを用意。

ラインラベルを1×20mmにカット
ラインラベルを1×20mmにカットする。

カットを8本用意
カットを8本用意。

ラインラベルを少し貼り付け
図のように、10mm、30mmで分け、ラインラベルを少し貼り付ける。

ラインラベルを折り返す
ラインラベルを折り返す。

ラインラベルで固定
ホースAを挟み込みながらラインラベルで固定。

ホースA先端をブレーキライン中央部に差し込む
ホースA先端をブレーキライン中央部に差し込む。

同様に反対側も行う
同様に反対側も行う。

モノコックを用意
53号のモノコックを用意。

ステアリングを左一杯に切る
左のブレーキキャリパーを持ち、ステアリングを左一杯に切る。

ラインラベルBを貼り付ける
また端から10mmと30mm部分にラインラベルBを貼り付ける。

ホースAを巻き込み固定
ホースAを巻き込み固定する。

ホースAを隙間に入れる
モノコックの下側から、余ったホースAを隙間に入れる。

こんな感じ
こんな感じ。

左右行う
左右行う。

55号まで完成
これで55号まで完成。残りあと15号!

保管用パーツ
保管用パーツ

デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第55号 デアゴスティーニ 週刊マクラーレン ホンダ MP4/4 第55号
OsadaSoft

全力通販で探す
週刊マクラーレン ホンダ MP4/4

 
 
 

その他関連記事はこちら。
デアゴスティーニ マクラーレンMP4/4

1号2号3号4号5号6号7号8号9号10号
11号12号13号14号15号16号17号18号19号20号
21号22号23号24号25号26号27号28号29号30号
31号32号33号34号35号36号37号38号39号40号
41号42号43号44号45号46号47号48号49号50号
51号52号53号54号55号56号57号58号59号60号
61号62号63号64号65号66号67号68号69号70号

 
 
 


Tagged:

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*